社会貢献活動(CSR)

大地を守る会の基金

DAFDAF基金~平和とオリーブのための農道を~

パレスチナの有機栽培農家が安心して畑仕事をできるための農道を。
世界中でがんばっている有機農業者を応援するのも、大地を守る会の役目です。

DAFDAF基金,パレスチナ,イスラエル,オリーブオイル

世界中の有機農業者を元気にしたい

大地を守る会のミッション。それは、日本の大地を守ること。日本の自然を守るということは、日本の一次産業、つまり農業や漁業や林業を守ることでもあります。そして、日本の生態系は世界の生態系ともつながっているので、世界の大地にも無関心でいることができません。だから日本の自然と、世界の自然を守るために、有機農業にとりくむ世界中のお百姓さんも守りたいと考えてきました。

1990年、大地を守る会は、内部に国際局をつくりました。アジアを中心にした海外の有機農業者との交流が始まり、交流先の有機農業プロジェクトなどを支援するための基金として、2006年7月にDAFDAF基金が設立されたのです。

DAFDAFは、The Development Assistance Fund of Daichi for Asian Families の略。お金やモノを送るだけではなく、それを誰が、どのように活用したかを最後まで見届ける、大地を守る会流の「顔の見える海外支援」です。

有機オリーブと和平のために農道を作ろう

世界における紛争で、もっとも根が深いといわれるパレスチナ・イスラエル問題。イスラエルは世界中のユダヤ人を募って、パレスチナ自治区内にイスラエル人の町を作る入植者政策をとっています。

イスラエルは必要に応じてパレスチナ自治区内のパレスチナ人の家や畑をブルドーザーで破壊し、新しい町や畑を作っています。パレスチナ人にとっては突然の立ち退きを強いられることになります。作業にはイスラエル軍の援護があるためパレスチナ人にはなすすべがありません。ある日突然ホームレスになってしまう現実。またイスラエルはパレスチナゲリラから自分たちを守るという名目で8メートルのコンクリートで壁を作っています。しかし現実は、パレスチナ人の土地を好き勝手に取り上げて、壁で隔てるということ。パレスチナ人にとっては自分の畑が突然壁で分断され、イスラエル軍のチェックポイントを通らなければ農作業にも出られないということが起ります。入植者から見れば、農作業に出かける農民がゲリラに見えて、銃撃を加えることもあります。

もともとパレスチナには数千年かけて作り上げたオリーブ畑がありますが、車も通れない農道しかない、という地域もありました。毎日農機具を背負って歩いていくか、ロバに乗っていくか。そんな農村に平和を願って農道が作れないだろうかと考えました。そこで、オリーブ生産者団体と話し合い、パレスチナ平和の道建設プロジェクトを立ち上げ、消費者会員から寄付を募りました。パレスチナの農民を応援しよう、苛酷な状況でも元気をだしてもらおう。ささやかなものであっても自分たちの心のこもった支援をしようと、会員の皆さんに声をかけたのです。想像を超える多くの会員の皆さんがこのプロジェクトに賛同してくれ、平和の農道を建設して贈ることができました。

DAFDAF基金,イスラエル,パレスチナ

パレスチナ・イスラエル紛争:1948年イスラエル建国宣言以来、それまでその地で暮らしていたパレスチナと、領土を主張するイスラエルの間で絶え間なく紛争が続いています。1993年和平合意でパレスチナ自治区が認められたあとも、パレスチナ自治区内に新たにイスラエル人の町が作られ続け、再びイスラエル軍が駐留することに。イスラエルは8メートルものコンクリートの壁を建設しパレスチナ人の隔離政策が進んでいます。

1948年 イスラエル建国宣言。紛争はじまる。
1993年 オスロー合意でパレスチナ自治区が認められる。
イスラエル軍撤退開始の一方で、イスラエルは再びパレスチナ自治区内にパレスチナ人隔離壁を建設。

 

最新の支援情報はこちらから。

「食や自然は世界ともつながっている」顔の見える海外支援

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。