社会貢献活動(CSR)

スマイルオリーブ♡ パレスチナにオリーブの苗を送ろう。 「パレスチナ産オリーブオイル」

日本だけでなく世界中の人々が、職業と収入を得て、家族揃って平和で幸せな暮らしを送れるよう、社会的な課題を事業で解決したいと考える大地宅配。その取り組みの象徴とも言えるのが、このオリーブオイルです。商品を購入することで、生産者を支えます。私たちはおいしく味わうことができる、笑顔を世界へ広げることに挑戦します。

 

オリーブオイルの購入が1本の苗木となり生産者を支えるパレスチナ産オリーブオイル

古くから平和の象徴とされてきたオリーブ。その原産地の一つパレスチナのオリーブ栽培は、数千年の歴史があり、現在も10万世帯以上のパレスチナ人が収入の大半をオリーブ栽培で得ていると言われています。しかし実質的にイスラエルの占領下にあるパレスチナでは、土地の利用が制限され、入植者等によってオリーブの樹が切られるなど、多くの困難が生じています。大地宅配では、2005年からフェアトレードでパレスチナのオリーブ油を取り扱っています。また、“パレスチナのオリーブ生産者を支援したい”という想いを具体的な取り組みにするため、オリーブの苗木を送るための『スマイルオリーブ基金』を2001年に設立。本品12本の購入で、約1本のオリーブの苗木を産地に植えることができる仕組みです。

オリーブ摘みを手伝う子どもたち

青い空の下、子どもたちも笑顔でオリーブ摘みを手伝っています

 

パレスチナの大地が生んだ豊かな味と香り

お届けする「オリーブオイル(パレスチナ自治区産)」は、現地で組織された農村復興NGO・UAWC(パレスチナ農業開発センター)が、国際的に輸出できる品質レベルまで技術指導を行なったもの。もっとも品質のよいオイルが採れる、グリーンから黒に変わる直前の実を一粒ひと粒ていねいに収穫、化学的な処理や熱を加えずに搾油し、酸度0.8%以下のエキストラバージンオイルができ上がります。地元のナバリ種が主体のオイルは、芳醇な香りとスパイシーな後味が特徴。しょうゆや味噌など、和の食材ともよく合います。このオリーブオイルを日々の料理に使って、パレスチナの生産者に、ひいては世界の平和に、想いを馳せてみませんか。

搾りたてのオリーブオイル

搾りたてのオリーブオイル。

 

オリーブオイルを買って苗木を贈ろう 「スマイルオリーブ基金 」

1本の売上から、大地宅配が8円、オルター・トレード・ジャパンが8円、購入される会員の方が8円、合計24円を基金として積み立て、UAWCへ送金。オリーブの苗木を購入して必要な地域に植樹しています。さわやかな香りとスパイシーな後味の「エキストラバージンオイル」。肉や魚はもちろん、しっかりした味わいの対地宅配の野菜とも、よく合います! オリーブオイル(パレスチナ自治区産)

収穫したオリーブ

オイルに適した熟度を見極めて収穫。

オリーブの苗木と男性

2012年10月から始まった基金によって苗木約2,300本相当分が集まりました。

大地宅配編集部

大地宅配編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。