イベント

注目のスキンケアブランド・華密恋のふるさとを訪問しました

華密恋(かみつれん)はカミツレエキス(カモミール)100%を使用した全身スキンケアブランド。原料のカミツレエキスは長野県安曇野の清らかな水と澄んだ空気のなかで作られています。大地宅配の会員の皆さんと華密恋のふるさと長野県北安曇郡池田町にある「カミツレの里」を訪ねました。

カミツレエキス100%の入浴剤

華密恋(かみつれん)。入浴から始まるスキンケアとして大地宅配で取り扱う人気商品の一つです。消炎・保湿効果に優れ、大人から赤ちゃんまで、幅広くお使いいただけます。

北アルプスの山並み

カミツレの故郷は長野県北安曇郡池田町。雄大な北アルプスの峰々に囲まれています。

カミツレの花

畑はカミツレの甘い香りで満たされています

カミツレの里でのカミツレ栽培は、有機肥料を使った土作りから始まります。カミツレエキスの製造過程で出た残さを、堆肥として再利用。人と環境に優しい循環型農業を実践しています。畑の土を愛おしく握るスタッフの方の表情が印象的で、愛情を込めてカミツレを栽培していることを実感できます。清らかな空気のなか、豊かな栄養とスタッフの愛情に守られ丈夫に育つカミツレの花。病気や害虫に負けません。

エキスには花はもちろん、葉も茎も原料として使われます。カミツレの生命力すべてを生かしたいと考えるからです。カモミールティーなど、一般では花のみを使った商品が多く、花だけを摘む収穫用の機械があるとか。一方、カミツレエキスは人間の手作業以外に収穫方法がありません。

カミツレ収穫の様子

会員のみなさんがカミツレ収穫にチャレンジ

今回のイベントの目玉はこのカミツレの収穫作業体験。広いカミツレ畑で、たくさんの花々の香りに包まれる作業は日常とは別世界。腰をかがめ、鎌で根っこの上を刈り取りながら、みなさん夢中に作業を進めます。「楽しい~」という声もあちこちから聞かれる一方で、実際に8,000坪もの広大な畑の作業となると大変だろうなと容易に想像がつきます。毎年6~7月に池田町の皆さんが広大な畑のなかでカミツレを収穫されるとのこと。お年寄りも多く、椅子に座りながらマイペースに刈り取る方もいるそうです。

カミツレエキス製造工場

カミツレの里にある、カミツレ製造工場。収穫したカミツレがエキスになる様子をガラス越しに見学できます。

乾燥させたカミツレ

天日で1カ月ほど乾燥させたカミツレを断裁し、水分含有量・雑草などの異物混入・色や香り等を検査。 検査に合格したカミツレだけを水とサトウキビ由来の発酵エタノールを浸し、約1カ月熟成。抽出したカミツレエキスに新しいカミツレを加え、さらに熟成。仕込みとろ過を繰り返し、濃度を高めます。各容器には製造担当と製造過程の記録を 明記。個々の商品から栽培履歴が追えるようになっています。出荷記録は5年分を保存するという徹底ぶり。

花びらが下をむくカミツレの花

夕方:花びらが下をむくカミツレの花。周囲の山々の影がカミツレ畑を覆い始める頃、カミツレの白い花びらは下を向きます。朝になると再び上に戻り、夕方になると下がるを毎日繰り返し、そのうちに下がったままになると花は寿命を迎えます。

カモミール畑のなかに建つ八寿恵(やすえそう)荘

この日の宿はカミツレ畑のなかに建つ八寿恵荘。2015年5月にリニューアルオープンしたばかりです。日本ビオホテル協会の厳しい基準を満たし、日本初の「ビオホテル」の認証を取得。建材は自然素材が使われ、素足で歩くことが気持ち良い、いやしの空間です。お風呂にたっぷりと入っていたのは、もちろんカミツレエキス。

カミツレの花も茎も葉もすべての恵を詰め込んだカミツレエキスの一滴一滴に作り手の品質と安全への強い想いが凝縮されていることを知ることができた今回の訪問。効率と生産性が優先される物づくりが当たり前の社会のなかで、カミツレの里で実践されている安全性と品質を追及した物づくりの姿に感動を覚えました。

 

大地を守る社会貢献活動(CSR)をすすめる会

大地を守る社会貢献活動(CSR)をすすめる会

大地を守る会は、社会的課題をビジネスで解決していくソーシャルビジネス(社会的企業)です。産地交流会、料理講座、講演会、他NGO・NPOと連携した取り組みなど、幅広いCSR活動をご紹介します。