フードレポート

パン嫌いがジャムを作ってみた

はじめまして、2015年に中途入社いたしました内山と申します。Web業界からオーガニック業界に転職し、日々多くの刺激を受けながら過ごしております。

当社では新入社員教育の一環として、株式会社フルーツバスケット(静岡県函南町)にて食品加工などの現場実習を行います。今年は7月の中旬に行われ、研修の一部でジャム作りを体験しました。

実は私、ほとんどパンを食べません。どちらかと言えば苦手な方かも。

パン

朝食自体たまにしか食べませんので、パンに触れる機会は少ないのです。

「ジャム作り!」と言われても、私の生活スタイルと全くリンクしておらず、あまり期待せずに実習に臨みました。

ところがどっこい。

味見してみると、これがおいしいのです!

これがおいしいのです!

 

素材本来の味がする

一般で売られる多くののジャムとどう違うのか? 口にするまでわからなかったのですが、普通のジャムより素材本来の味がするのです。

その秘密は甘味料にビートグラニュー糖(てんさい)しか使用していないこと。また、一般では、酸味料やゲル化剤(固めるための素材)を使用することも多くあります。人工的な味がすると感じるのはそのせいなのでしょうか?

とにかく当社のジャムは素材本来の味がするのです!

りんごよりりんごの味が……、ブルーベリーよりブルーベリーの味がするのです。

 

パンを食べない人間がパンを食べるようになる(かも?)

私、朝食もほとんど食べていません。そして和食党であり、米派です。

任天堂のゲーム「スプラトゥーン」でも、米派かパン派でイベントが行われたそうですね。パン派が集まらずにゲームが成立しなかったとか……。

本題に戻ります。

当社のジャムは、朝食を食べない&米派の人間が結果的に3つもジャムを持って帰るほどのおいしさです。

結論、パンを食べない人間でも、当社のジャムを食べると、パンを食べるようになる(かも?)。

 

ジャム作りの工程

肝心なジャム作りのご紹介を忘れておりました。作り方にもこだわっております。

1.入室者は徹底的に衛生管理に気を付けなくてはなりません。。

洗浄

入室者は徹底的にきれいになります。入出前のエアシャワー(衣類に付着したほこりを飛ばす機械)では少し緊張しました。

2.仕込み

手作業

原材料の仕込みの多くは手作業です! 機械では表現できない素材感を楽しめる重要なポイントです。

3.甘さを調整しながら窯で煮る。職人の技が垣間見えます

窯

大きな窯でグツグツ煮ます。香りがすでにジャムになっています。

4.瓶詰め。瓶自体を徹底洗浄、瓶詰め直前にも洗浄。

瓶詰め

しっかりと衛生管理された瓶にジャムが注入されています。瓶詰め後も消毒する徹底ぶり。

5.ジャム完成!!

ジャム

様々な人の思いが詰まったジャムが完成!本当においしいです。

いかがでしたでしょうか?

普段パンを食べない人にもおすすめなジャムです。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。