フードレポート

知って食べればいっそうおいしい! 桃の節句のあれこれ

ひなまつりになぜハマグリ? ひしもちの三色の理由は? 意外に知らない「ひなまつり」の食材のいわれ

女の子の将来の幸せを祈る、ハマグリのお吸い物

女の子の将来の幸せを祈る、ハマグリのお吸い物

一対のハマグリで仲の良い夫婦を願います

ひなまつりの祝い膳に欠かせないものといえば、まずはハマグリのお吸い物。菜の花を添えることもあり、とても春らしい一品ですね。たくさんある貝類の中で、なぜハマグリが選ばれているのでしょうか? それにはちゃんとした理由があるのです。

ハマグリの貝殻は一対になっていて、決してほかの貝と合うことはありません。必ずぴったりと合うため、平安時代には「貝合わせ」遊びにも用いられたほど。このことから、生涯一人の人と添い遂げるようにという願いが込められているのです。

お吸い物をつくるときは、口が開いたハマグリをお椀に入れ、1つの貝に2つの身を入れるのがしきたり。ひな祭りの時季にちょうど旬を迎えるハマグリは、うまみのもとであるアミノ酸を多く含み、カルシウムやミネラルも豊富。お祝いの食卓を華やかに演出してくれます。
大地宅配の『ハマグリ』のご注文はこちら

 

女の子らしい“ひなまつりカラー”の意味とは

春らしい色合いの「ひしもち」

春らしい色合いの「ひしもち」

ぱっと気持ちも華やぐ“ひなまつりカラー”のひしもちは、健康を願い、災厄を除くという気持ちを込めた餅菓子。下から緑・白・紅の順に重ねてあり、緑は草が萌える様子、白は純白の雪、紅は桃の花の色を表しています。雪の下から新しい緑が芽吹き、桃の花が咲く情景といったところでしょうか。
大地宅配の『ひしもち』のご注文はこちら

 

○○○○○○○○○●

ひな人形のお供えに欠かせない「ひなあられ」

ひなあられは、ひなまつりカラーの三色に黄色を加えた四色が一般的なようです。四色は、紅=春、緑=夏、黄=秋、白=冬を表していて、女の子が四季を通して幸せであるようにとの想いが込められています。

ひなあられは焼き米の一種で、もみ殻がついたままのもち米を炒って作ったもの。かつては、もち米を炒るときのはぜ方で、その年の吉凶を占ったといわれています。
大地宅配の『ひなあられ』のご注文はこちら

 

○○○○○○○○○●

白酒が飲めないお子さんには甘酒を

白酒は、蒸したもち米に麹とみりんを加えて熟成させたお酒です。甘く濃厚な味わいで、飲むと邪気を払うといわれています。米麹などでつくる甘酒とは別物ですのでお間違えないように。

白酒にはアルコール分が含まれていますから、お子さんは、白酒ではなくノンアルコールの甘酒でお祝いしましょう。
大地宅配の『甘酒』のご注文はこちら

 

ひなまつりに食べるお供えものや祝い膳のいわれを知れば、その味は、より深いものになります。今年のひな祭りは、先人の願いが込められたメニューで、女の子の健やかな成長と幸せを祈ってはいかがですか。

※食材のいわれについては諸説あります。
大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。