フードレポート

端午の節句に知っておきたい! 縁起物のいわれ

柏もちはなぜ柏の葉? ふたつの国の風習から生まれたちまきなど、端午の節句豆知識

端午の節句といえば柏もちとちまき

端午の節句といえば柏もちとちまき

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

次の代へと葉をつなぐ、柏の葉にあやかった縁起物『柏もち』

端午の節句のお楽しみといえば、柏もちとちまき。どちらも5月になると和菓子店などに並びますが、関東では柏もち、関西ではちまきを食べる傾向が強いようです。


柏もちは、「もち」と付いていますが、もち米ではなく上新粉を使った和菓子です。塩漬けにした柏の葉がほのかに香り、葉で包むことによって、もちもちの生地が手に付かずにいただけます。

端午の節句に柏もちをいただく習わしは、江戸時代からとか。では、なぜ「柏の葉」?


柏は古くから神聖な木とされてきました。また、柏の葉は秋に枯れてから春に新芽が育つまで落ちることがありません。

このことから、男の子の成長と子孫繁栄の縁起をかついで、端午の節句に食べられるようになりました。

大地宅配の『柏もち』のご注文はこちら

 

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

中国と日本の風習がひとつになって生まれた『ちまき』

童謡『背くらべ』の歌詞にも、「ちまき食べ食べ~」とうたわれているちまき。

ちまきをいただく習慣は歴史が長く、その発祥は古代中国の故事に由来しています。中国で、ある政治家の命日(5月5日)をとむらうために、楝樹(せんだん)の葉でもちを包み、捧げたことが始まりだといわれています。

この命日と、日本の端午の節句がたまたま同じ日だったので、「端午の節句にはちまきを食べる」というように、ふたつの風習が一緒になったようです。


中国での縁起かつぎから来ているので、本来食べるのは、「中華ちまき」であってもよさそうなもの。具を入れて味を付けたもち米を、笹で包んで蒸したあの食べ物です。

ですが、いまや上の写真にある甘いちまきを食べることが、日本の風習としてすっかり根づいています。

大地宅配の『ちまき』のご注文はこちら

 

ちらし寿司をこいのぼりの形にアレンジしても

ちらし寿司をこいのぼりの形にアレンジしても

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

家族が集う食卓を華やかに泳ぐ『こいのぼり』

端午の節句にあげる「こいのぼり」には、男の子の無事と立身出世を祈る、親の願いが込められています。


コイは、その風格ある姿と滋養の高さで、昔から強い魚として尊ばれてきました。江戸時代までは、タイやマグロよりも高級魚として扱われていたほどです。

こいのぼりのいわれは、ちまきと同じように中国の故事に由来しています。
激しい流れの滝を登りきったコイが、龍に姿を変えたという逸話があり、この滝登りにあやかって、端午の節句にこいのぼりを揚げるようになったそうです。

端午の節句には、勇ましいこいのぼりを食卓で再現してみてはいかがでしょうか。
たとえば、カラフルな具材を使ったちらし寿司。家族みんなで手作りすれば、より思い出深い端午の節句になりそうです。

こいのぼり寿司にもアレンジできる『海鮮ちらし寿司』のご注文はこちら

※食材のいわれについては諸説あります。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。