フードレポート

甘くて香ばしい桜えび。実は世界でも、とっても珍しい希少なエビなんです。

DS-12101440-02E_加工のコピ

桜えびとしらす、春から夏にかけて旬を迎える、海の恵みの小さな宝石。ふっくら炊き上げた旬の味を楽しみましょう。

国内水揚げ量のほぼ100%が駿河湾産「桜えび」

桜えびは深海性のエビで、名産地として有名な駿河湾は、浅瀬から一気に1000mの深海に達する世界でも稀にみる深海の 内湾です。日中は水深200~500mほどの深海にいる桜えびは、夜間になると水深数十メートルまで上がってきます。こ のような、深海を行き来する変わった生態をもつ桜えびは、世界的にも珍しいため輸入品は少なく、国内水揚げ量のほ ぼ100%が駿河湾で獲られています。 大地宅配の桜えびは、目利きと呼ばれる池上嘉平商店が、新鮮で品質の良いものだけを選りすぐって買い付け。その約1 時間後には釜あげするという素早さで加工します。桜えびの春漁は3月下旬~6月上旬という短い期間。限られた時季に しか漁獲されない「至福の美味」をぜひご堪能ください。

桜エビDS-12101440-02B

海洋深層水のみでゆであげた、釜あげ桜エビ

高鮮度のヒミツは、運搬船にあり!「しらす」

夏に向かう今の時季はしらす漁の本番! 釜あげしらすは、「漁獲からゆで上げまでをいかに短くするか」がおいしさの 決め手。瀬戸内海に漁場を持つカネモでは、しらすをいち早く加工場に運ぶために 「運搬船」を使い、漁獲後30分以内 にゆで上げています。ふっくらと甘い薄塩仕立て、獲れたて・ゆでたての釜あげしらすは、温かいごはんと相性抜群です。

漁船に寄りそう運搬船。漁獲後すぐに加工場へ運び、高鮮度を保ちます。

漁船に寄りそう運搬船。漁獲後すぐに加工場へ運び、高鮮度を保ちます。

ふっくらおいしい釜あげしらすをしらす丼でどうぞ。

ふっくらおいしい釜あげしらすをしらす丼でどうぞ。

大地宅配編集部

大地宅配編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。