フードレポート

本当においしい麦茶が飲みたい

伝承の味、職人が「砂釜焙煎」で炒りあげる昔ながらの麦茶

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

1600614mugitya_04

1600614mugitya_0

暑い夏、のどがカラカラになって家に帰ってくると、家に漂う煮出した麦茶の香り。思わずごくごくと飲みきったあの日の味わいがここにあります。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】


毎日安心して飲んでほしいから、創業以来「国産大麦」一筋

都心部からほど近い練馬区の一角、ほのかに甘く芳ばしい香りが漂うその先に「川原製粉所」はあります。1945年に麦茶の製造を始めて以来、国産大麦のみを使って、昔ながらの製法で麦茶を煎り続けています。

原料は、大地宅配では米やもちでおなじみの「庄内協同ファーム」が農薬を使わずに育てた六条大麦。国内の大麦の自給率はわずか9%程度にもかかわらず、さらに農薬不使用となると、これがいかに貴重な原料かがわかります。

右から二代目の川原義明さん、三代目の渉さん、二代目のおつれあいの和子さん。節分に人気の「福豆」も製造しています

右から二代目の川原義明さん、三代目の渉さん、二代目のおつれあいの和子さん。節分に人気の「福豆」も製造しています

では、なぜここまでこだわるのか。それは「家族みんなで毎日飲むものだから、ポストハーベスト(収穫後農薬)の心配がある輸入ものではなく、安心の国産を」という創業以来の思いがあるからです。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】


味の深みと香り高さを生み出す、浅煎りと深煎りの「二度煎り」


「子どものころに家で飲んだ麦茶」。

そんな感覚を思い出させる川原製粉所の麦茶は、涼やかな麦の香ばしさや苦味、ほのかな甘みが特徴。どこか懐かしいこの味わいは、直火釜を使い、「砂釜焙煎」で浅煎りと深煎りの二度煎りを行うことで生まれます。

(左)浅煎りはわずか10秒程度ながら、大麦の甘みを引き出します (右)二度目の深煎りは40秒程度。ここで作る煎りムラが風味の決め手

(左)浅煎りはわずか10秒程度ながら、大麦の甘みを引き出します
(右)二度目の深煎りは40秒程度。ここで作る煎りムラが風味の決め手


「砂釜焙煎」とは、直火釜の中に熱した砂を循環させ、その中に大麦を通して、熱された砂の遠赤外線効果で麦の芯まで焙煎する方法。まずは浅煎りで甘みとうまみを引き出し(上写真 左)、深煎りの強火で苦味を加えます(上写真 右)。

二度煎ることで、あえて「煎りムラ」を作り、香り、甘み、苦味、色の濃さが複雑に絡み合う、奥深い味に仕上げているのです。

1600614mugitya_04


今では、一般品は大量かつ均一に焙煎できる「熱風焙煎」が主ですが、味の深みや香り高さは「砂釜焙煎」だからこそ成せるもの。

「これからも昔ながらの製法にこだわり、味を伝承していきます」と三代目社長の川原渉さんは話してくれました。

大地宅配の『麦茶』のご注文はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。