フードレポート

うまいさんまは北海道・厚岸産に限る!

秋にはやっぱり、おいしいさんまが食べたい!


さんまが出るとあんまが引っ込む!

栄養豊富なさんまが出回るようになると、食べた人は元気になって病人が減り、マッサージなどを行うあんまの出番がなくなるということの例え。昔から人々に愛されていた、秋の味覚といえばさんまですよね。

今年の水揚げも最盛期を迎えつつあり、「今年のさんまの漁獲は例年に比べ~」なんてニュースもたびたび目にするようになりました。今年は、11月の最盛期を前に漁獲量も増加、手頃な価格でみなさんも口にす機会が増えてきたのではないでしょうか。

また、この時季は各地でさんま祭りが開催されます。秋のさんまはまさに旬。焼き網にずらりと並んださんまが、じゅわじゅわと焼けていくあの香ばしさと、あふれ出す脂……。ニュース映像を見ただけでも、思わず食欲をそそられますよね。

さんまの塩焼き

じゅわっと脂のしみ出たさんまの塩焼きは、秋ならではの醍醐味です。

 

うまいさんまは北海道・厚岸産に限る!

このさんまのおいしさの決め手の一つが、じつは「産地」にあるのをみなさんはご存知ですか。さんまは、北海道沖から親潮に乗って太平洋岸を南下していきます。

泳ぐうちに身が締まっていきますが、その南下する前のさんまを漁獲するのが、北海道東南に位置する厚岸(あっけし)。さんまの身が締まる前に漁獲するので、ふっくら太った身厚なさんまが獲れるのです。

しかも厚岸は漁場と港が近いため、その日のうちに漁から戻る「日帰り漁」がほとんど。だから魚の鮮度も抜群です。また、豊富なエサを食べて育つので、しっかりした脂のり。この時季の厚岸さんまを食べたら、もうほかのさんまは食べられないとも言われています。

厚岸産のさんまがおいしい理由

 

今だけのおいしさを食べ尽くし!

このおいしさの条件がそろった厚岸さんまを取り扱うのが、大地宅配。塩焼きが定番のさんまですが、「つぼ抜き」で肝を取り除けば、生食用ならお刺身に。また、多めに買った時は冷凍保存するときにも便利です!

 

2秒で肝が取れる!さんまのつぼ抜き

 

大地宅配編集部

大地宅配編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。