学ぶ

大人の遠足 冬の旬素材をつかった調理実習編

インスタで人気の幸也飯 キムチと明太子のお鍋

生産者の顔がみえる旬の素材をつかった冬の調理実習編!

「大人の遠足」がスタートしてから、約1年が経ちました。「口に入るものは、自分たちの細胞を作るもの。環境を、土地を、地球を作るもの。」どんな環境で、どんな方々が作ってくださっているのか、顔の見える関係を目指し、作り手さんの畑などを取材し、体験させていただいてきました。

 

%e2%97%8fimg_2862

 

今回は、冬の調理実習編!先生は、ファッション誌でのフードコーディネートや、一流メゾンへのケータリング、そしてwebマガジンでの連載が大人気、料理家の幸也さんです。

 

%e2%97%8fimg_2848

 

幸也さんのモットーは、ただ美味しい料理を提供するだけでなく、過程や背景を大切にし、心も体も満たされる提案をすること、だそう。今回の調理実習も、味だけでなく、過程と背景を大切にした、笑いに包まれた温かい時間となりました。

 

%e2%97%8fimg_2933

 

メニューは、こちら。

 ① これからどんどん寒くなる季節にぴったり、キムチと明太子のお鍋
 ② フレッシュみかんが入ったルッコラサラダ
 ③ 山椒とローズマリーが隠し味、カブとキノコの炒め物
もちろん、大地宅配の安心なお野菜たっぷりのレシピです。

 

豚とキムチと、え!そこに明太子?さらに大和芋?と全員ちょっと驚いたお鍋のレシピ。
実は、幸也さんも作るのは初!とのことでしたが、「頭の中では絶対美味しいから、絶対に大丈夫!」使用した材料はそれぞれ、こちら。

 

%e2%97%8fimg_2833

 ① ほうれん草、豚バラ、キムチ、明太子、下仁田ネギ、大和芋
 ② みかん、ルッコラ、ベビーリーフ、セロリ
 ③ カブ、キノコセット

お野菜たちを洗って、まずは、下仁田ネギを細切りにするところからスタートです。

 

%e2%97%8fimg_2941

 

%e2%97%8fimg_2902

 

お鍋にはキムチとお水、ざっくりとスライスした生姜とすりおろしたニンニクのみ。あらかじめ出汁を取らなくても大丈夫、お肉とお野菜から出る旨味だけで十分に美味しくできるのです。

 

%e2%97%8fimg_2921

 

%e2%97%8fimg_2926

 

ほうれん草、豚肉、細切りにした下仁田ねぎを順番に並べていきます。

 

%e2%97%8fimg_2972

 

%e2%97%8fimg_2997

 

最後に明太子を中央にどーんと並べ、ゆっくりと煮ます。

 

%e2%97%8fimg_3007

 

煮ている間に、カブの皮を剥き、くし切りにし、キノコをほぐし、炒めていきます。

 

%e2%97%8fimg_3027

 

%e2%97%8fimg_3110

 

%e2%97%8fimg_3129

 

もちろん、カブの葉もみじん切りにして加え、ローズマリーとバター、塩胡椒で味を整えたら、最後に山椒をぱらり。コクがあるのに爽やか、少し大人向けの上級レシピになりました。


ルッコラとみかんのサラダ、ルッコラはちぎり、セロリは薄くスライスします。
サラダの中のみかん、薄皮は向かずに破いて身を出すように。

 

%e2%97%8fimg_3179

 

ライムの絞り汁、そして、オリーブオイルを回しかけ、ざっくりと手で混ぜます。手を使うことにより葉が潰れてべちゃっとすることなく、さらにドレッシングも少量で済むとのこと。ふわっと盛り付けるのも簡単です。

 

%e2%97%8fimg_3238

 

仕上げに幸也さんの持ってきたデュカをかけてテーブルへ。このデュカとは、ナッツベースの中東が発祥のシーズニングソルト。香ばしい香りが広がります。

 

%e2%97%8fimg_3254

 

お鍋には、お好みで大和芋のすりおろしを添えて。栄養価が高いのはもちろんのこと、味もまろやかに深みを増します。

 

%e2%97%8fimg_3159

 

さて、実食です。余ったほうれん草で、藤田さんが即席で炒め物を作ってくれたので、全4品となりました。どこで生産されているか明確で安心な食材を使って、みんなで作って、みんなで食べる笑顔に満ちたごはんです。

 

%e2%97%8fimg_3271

 

今回、参加してくださったのは、
左から、モデル 高山 都さん(http://ameblo.jp/miyare38/
フリーランスPR 藤田 敦子さん(http://mensjoker.jp/fujita
右から、パーソナルファッションアドバイザーYOKOさん(http://ameblo.jp/yoo1985/
パーソナルスタイリスト 高橋 愛さん(http://ameblo.jp/real-clothes-ai/
料理家の幸也さん(http://yukiyamesi.com/

ありがとうございました。

 

次回の「大人の遠足」は、都内にある葉物農家さんを取材します。

 

%e2%97%8fimg_3338

 

Text by 行方久子

行方久子 プロフィール

 最も価値のある資産となる「ブランド」価値を高めるコンセプトメイクを行うクリエイティブ&ブランディングディレクター。アパレルでのディレクターやデザイン、経営の経験を活かし、アパレル、フード、ビューティ、商業施設など幅広い分野で活動中。ニュートラルなマインドで、デジタルマーケティングを軸とした様々な形のコミュニケーションを提案している。(https://www.instagram.com/hisakonamekata/?hl=ja

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。