ピープル

生産者がある一日のできごとや想いを綴る『作り手日記』Vol. 5

精米や炊飯から焼き上がりまで!せんべい職人がお米から手作りする希少なおせんべい

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

せんべい屋・今村秀幸さん(東京都葛飾区)

せんべい屋「富士見堂」で工場長を務めている今村さん。富士見堂では今はめずらしく、米の精米から生地を作り、焼き上がりまで職人技を駆使してせんべいを作っています。

 

____________________________________________________________________

 

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

11月のある日

毎年11月に入ると、通常の商品の量に加えて年末年始用商品の生地の作りこみを行います。気温が急に下がり、乾燥するこの時期は生地の乾燥温度に気を遣います。乾燥しすぎると生地が割れ、それまでの作業がすべて無駄に……。職人全員で作業に集中します。

 

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

日本の米の味を伝えたい

 富士見堂では、大地を守る会の生産者が栽培する米を精米するところからせんべい作りが始まります。精米後、炊いて、ついて、せんべいの生地に。さらに、成形と焼く作業を経て、お米の風味が豊かで、おいしいせんべいができるのです。せんべいを作るすべての工程を皆さんにお伝えすることはなかなかできませんが、富士見堂のせんべいを食べて、「せんべいって本当にお米から出来ているんだね!」と感じていただければ嬉しいです!

乾燥中のせんべい生地。

乾燥中のせんべい生地。

 

 今の時期は新米を仕入れ、年末年始の需要に向けて、大量の生地を作ります。このタイミングに職人の欠員が出ると作業全体に影響するので、「体調管理」は職人一人一人が気をつけます。この作業の山を超えると、次はバレンタイン用のハートせんべいやチョコレートがけのせんべいを作ります。

せんべい生地の乾燥状態を入念にチェックします。

せんべい生地の乾燥状態を入念にチェックします。

 

 毎年、私たちの工場では近郊の保育園や中学校など、子どもたちの工場見学や職場体験を受け入れています。子どもたちが作り手と直接会うことで、物づくりの大変さ、大切さを肌で感じてもらえればと……。一番の喜びは「将来おせんべい屋さんになりた~い!」という言葉ですね。

職人の勘で一枚一枚ていねいに焼き上げます。

職人の勘で一枚一枚ていねいに焼き上げます。

 

____________________________________________________________________

 

乾燥度合いや焼き加減などの絶妙さは、まさに職人技。精米から手作りでできあがったおせんべいは、口いっぱいにお米本来の風味が広がり、不思議と心がほっとします。

 

そんな昔ながらのおいしさの秘訣は、「ぬくもり」にあるのかもしれません。

 

大地宅配の「せんべい」はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。