レシピ

~実践料理家 岩木みさきの “作り置き” 月イチレシピ連載~

忙しい時に活用したい!冬の作り置きおかず3品

年末の忙しい時だからこそ、作り置きを活用しましょう。

年末の忙しい時だからこそ、作り置きを活用しましょう。

今月の作り置きのポイント“調理時間5分で作れる作り置き”

2016年も残りわずかですね。年末のバタバタ忙しい時は、調理時間もいつも以上に短時間で済ませたい!今日は冬野菜を使った5分で出来る作り置きレシピを紹介します。

11月のコラムでも紹介した「1種の食材で1品を作る」も合わせて活用してみて下さいね。

 

切ったら漬けるだけ!覚えたら便利な配合♪かぶの甘酢漬け

かぶの甘酢漬け

生のかぶには解毒・消炎作用があり、喉の痛みを和らげる効果があると言われています。

葉の部分を残すと見た目も可愛く仕上がります。

 

【材料】(2人分)
蕪3個
A)米酢大さじ3
A)砂糖大さじ1と1/2
A)塩小さじ1

【作り方】
1.蕪は葉の部分を少し残して切り、8等分のくし切りにする
2.ボールに A を合わせる
3.2に蕪を漬ける

 

お湯を沸かす時間もカット!ウォータースチームでサッと作る1品”春菊のナムル”

春菊のナムル

春菊はビタミン類を多く含み、冬の緑黄色野菜の代表です。
お湯を沸かす時間もカット!ウォータースチームでサッと作る1品

【材料】(2人分)
春菊1束
水大さじ2
A)ごま油大さじ1
A)醤油小さじ2
A)塩少々

【作り方】
1.春菊は3~4cm幅に切る
2.フライパンに切った春菊と水を入れ蓋をし、強火で2分加熱する
3.火を止め粗熱をとったら A を和える

 

あまりがちな白菜はサッと加熱してかさを減らす調理方法を活用!”白菜のレモンペッパー和え”

白菜のレモンペッパー和え

白菜にはカリウムが多く含まれているので、忘年会など塩分の濃いものを多く食べた次の日にぜひ食べてほしいです。肝臓の働きをサポートするレモンも使用してW効果!
あまりがちな白菜はサッと加熱してかさを減らす調理方法を活用!

【材料】(2人分)
白菜1/8個
水大さじ2
A)オリーブオイル大さじ1
A)レモン汁小さじ2
A)塩少々
A)ブラックペッパー少々

【作り方】
1.白菜はざく切りにする
2.フライパンに切った白菜と水を入れ蓋をし、強火で2分加熱する
3.火を止め粗熱をとったら A を和える

 

【プロフィール】
実践料理研究家 岩木みさき

岩木みさき

高校時代にひどい肌荒れに悩み、食生活を見直し改善に成功。食に興味を持ち栄養の道へ。
食で健康を伝えるには、病気になった後のことも知っていなくてはと病院栄養士として3年間勤務。2012年より独立。
現在は “日々の中で実践出来ることが健康につながる”と考え、料理初心者でも取り入れられるレシピを中心に、企業や書籍、雑誌などのレシピ考案、料理教室misa-kitchenを主催。日本の伝統“木桶”に着目し、木桶仕込みのみそを「ガチみそ」と名付けイベントや商品開発、レシピ考案に力を注いでいる。

大地を守る会ではガチみそ連載以外にも、大地を守る会主催イベント「野菜好きになるひと工夫料理教室」の講師を務めている。

[HP] http://www.misa-kitchen.jp
[Blog] http://ameblo.jp/misa-kitchen
[Facebook] http://www.facebook.com/migaki.recipe
[Instagram] http://www.instagram.com/misakitchen.i

 

大地宅配編集部

大地宅配編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。