レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.12:いつもの料理がまるくなる上手な「甘酒」使い

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】
大根と鮭の甘酒カレー(左)、甘酒のポークジンジャー(右)

大根と鮭の甘酒カレー(左)、甘酒のポークジンジャー(右)

これから迎える大寒に備えて、発酵食品「甘酒」を普段使いしてみましょう。

甘酒の持つ酵素は、たんぱく質を分解してうまみにかえてくれるため、いつものポークジンジャーも、よりやわらかく仕上がります。

お醤油との相性も良く、自然な甘みは体にうれしい、まるみのある味わいです。みりんやお砂糖の代わりに、調味料としてキッチンに常備してみませんか。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

Recipe 1
大根と鮭の甘酒カレー

大根と鮭の甘酒カレー

大根と鮭の甘酒カレー

【材料(2人分)】
大根・・・1/2本
生鮭・・・3切
玉ねぎ・・・1コ
にんにく・・・1/2片
カレーパウダー・・・大さじ2
甘酒・・・70ml
洋風ブイヨン・・・1袋
バター・・・大さじ1/2
醤油・・・小さじ2
塩・・・ふたつまみ
油・・・適量
玄米ごはん・・・お好みの量

【作り方】
① フライパンに油をひき、にんにくのみじんぎり、玉ねぎのスライスを炒める。しんなりしたらバターを入れてなじんだら、カレーパウダーを加えて炒める。

② ①に水500mlを加え、皮をむいて一口大に乱切りした大根、洋風ブイヨンを入れ、大根がやわらかくなるまで煮る。

③ 1切を3等分にした生鮭を入れ、ひと煮立ちしたら甘酒を加えてさらにとろみが付くまで煮込む。醤油、塩で味を調え、玄米ごはんと一緒にいただく。
※カレーパウダーをバターで炒めてから水を入れることで、さっぱりとした具材でも深みが出ます。

大地を守る会の『大根』

大地を守る会の『大根』はこちら

大地を守る会の『北海道産 生鮭切身(3切)』

大地を守る会の『北海道産 生鮭切身(3切)』はこちら

大地を守る会の『カレーパウダー』

大地を守る会の『カレーパウダー』はこちら

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

Recipe 2
甘酒のポークジンジャー

甘酒のポークジンジャー

甘酒のポークジンジャー

【材料(2人分)】
豚ロースソテー・トンカツ用・・・2枚
ターサイ・・・1/2株
油・・・適量

A)
生姜・・・30g
甘酒・・・50ml
醤油・・・小さじ2
塩・・・ひとつまみ

【作り方】
① 生姜は皮ごとすりおろしておく。豚ロース肉とAを保存袋などに入れ、冷蔵庫で半日ほど漬け込む。

② 大きめの鍋に湯を沸かし、油大さじ2と塩3つまみ(各分量外)を入れて、2~3枚にほぐしたターサイを30秒ほどゆで、ザルにあげ水気を切っておく。

③ フライパンに油を熱したら、弱火にしておく。①の豚肉だけを取り出して両面が焼けたら漬け汁を入れ、絡めながら煮詰め、②のターサイと一緒に盛り付ける。
※ターサイをゆでるとき、油と塩を加えると中華料理の「油通し」と同じ効果で、色鮮やかでシャキシャキの食感に仕上がります。

大地を守る会の『やさかの有機玄米甘酒』

大地を守る会の『やさかの有機玄米甘酒』はこちら

大地を守る会の『大地うまみこい豚ロースソテー・トンカツ用(2枚)』

大地を守る会の『大地うまみこい豚ロースソテー・トンカツ用(2枚)』はこちら

大地を守る会の『生姜』

大地を守る会の『生姜』はこちら

フードディレクターの遠田 かよこさん

遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。