レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.15:白か、黒か「ごま」選びの相性とこつ

牛肉と春菊のごまぽん酢和え(左)、紅鮭のごま白和え(右)
牛肉と春菊のごまぽん酢和え(左)、紅鮭のごま白和え(右)

みなさんは白ごまと黒ごまをどんな風に使い分けていますか?

白と黒の大きな違いは香りと油脂分。香りがやさしく油分が多い白ごまは、しっとりと仕上げたい白和えや淡白な魚料理に。香ばしく風味も強い黒ごまは、香りのある野菜とよく合います。

たとえばれんこんのきんぴらの場合、薄切りなら白ごま、歯ごたえのある乱切りなら黒ごま、と使い分けてみるのも面白いですね。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

Recipe 1
牛肉と春菊のごまぽん酢和え

牛肉と春菊のごまぽん酢和え
牛肉と春菊のごまぽん酢和え

【材料(2人分)】
牛ロースしゃぶしゃぶ用・・・180g
春菊・・・150g
大根・・・250g
ぽん酢・・・50ml
黒すりごま・・・大さじ2
ゆずこしょう・・・適量

【作り方】
① 牛ロース肉は3等分に、春菊は4㎝の長さに切っておく。大根はおろして軽く水気を切っておく。

② 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、牛肉をさっとゆで、ざるにあげる。表面のアクをとり、同じお湯で春菊を茎、葉の順にゆで、こちらも火が通り過ぎないうちにざるにあげる。

③ ②の鍋のお湯を捨て、鍋が温かいうちに牛肉、春菊、大根おろしを入れて、さっくりと混ぜ合わせ、ぽん酢、黒すりごまを加えてさらに混ぜる。器に盛り、ゆずこしょうを添えていただく。

※ 牛肉と春菊を同じお湯でゆでることで、油通ししたように春菊の表面につやが出て、味にも深みが出ます。

大地を守る会の『短角牛ロースしゃぶしゃぶ用』

大地を守る会の『短角牛ロースしゃぶしゃぶ用』はこちら

大地を守る会の『春菊』

大地を守る会の『春菊』はこちら

大地を守る会の『有機黒すりごま』

大地を守る会の『有機黒すりごま』はこちら

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF


Recipe 2
紅鮭のごま白和

紅鮭のごま白和え
紅鮭のごま白和え

【材料(2人分)】
紅鮭切身・・・180g
木綿豆腐・・・1丁
料理酒・・・少々
A)
白すりごま・・・大さじ2
白ごまペースト・・・大さじ2
白だし・・・大さじ2

【作り方】
① 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、料理酒を加え、紅鮭をゆでる。Aを混ぜておく。

② ボウルに木綿豆腐を入れてくずし、そこに腹骨を取り、ひと口大にほぐした紅鮭、Aを入れて和える。

※ 豆腐は水切りをせずにそのままで大丈夫。すりごまを加えることで、水分を吸ってくれます。

大地を守る会の『紅鮭切身』

大地を守る会の『紅鮭切身』はこちら

大地を守る会の『特撰 大地を守る会の木綿豆腐』

大地を守る会の『特撰 大地を守る会の木綿豆腐』はこちら

大地を守る会の『有機白ごまペースト』

大地を守る会の『有機白ごまペースト』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。