レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.24:初夏のきらめき 「旬の緑」を五月の食卓に

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!
山菜と長芋の皮ごとアヒージョ(左)、藁焼き鰹の香ばしカルパッチョ(右)
アスパラガスの黒ごまソース(左)、フライパンで作るそら豆のサモサ(右)

さわやかな晴天も続き、一年の中でも過ごしやすい季節となりました。この初夏に旬を迎えるのが新芽や豆類など、初々しく目にも鮮やかな緑色の野菜です。

若くやわらかなアスパラガスはさっと蒸し、みずみずしいそら豆もさっとゆでる。後は味を添えるだけというシンプルな調理が季節の食材をおいしくいただくこつです。
いきいきとした自然の佳味を余すところなくいただきましょう。

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

Recipe 1
アスパラガスの黒ごまソース

アスパラガスの黒ごまソース
アスパラガスの黒ごまソース

【材料(2人分)】
ホワイトアスパラガス・・・100g
グリーンアスパラガス ・・・100g
バター・・・大さじ1
オリーブオイル・・・少々

A)
黒ごまペースト・・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1/2

【作り方】
① アスパラガスはかたいところを切り落とし、下から3〜4cmくらいのところをピーラーで削る。長いものは半分に切っておく。

② 温めたフライパンにオリーブオイルを入れ、アスパラガスの太い方から炒め、細い方も入れたら、水大さじ1を加えふたをして中火で蒸し焼きにする。水分がなくなったらバターを絡めながら炒める。

③ アスパラガスを皿に盛り、Aを混ぜ合わせたソースをかけていただく。

※今の時季のアスパラガスは水分が多くやわらかいので、蒸し焼きをおすすめします。シャキッとした歯ごたえはもちろん、緑と白の香りの違いを楽しむことができます。

大地を守る会の『北海道有機アスパラセットグリーンホワイト』

大地を守る会の『北海道有機アスパラセットグリーンホワイト』はこちら

大地を守る会の『有機黒ごまペースト』

大地を守る会の『有機黒ごまペースト』はこちら

大地を守る会の『酪農家限定バター(有塩)』

大地を守る会の『酪農家限定バター(有塩)』はこちら

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!


Recipe 2

フライパンで作るそら豆のサモサ

フライパンで作るそら豆のサモサ
フライパンで作るそら豆のサモサ

【材料(2人分)】
そら豆・・・600g
「手作りポテトサラダ」・・・120g
「カレーパウダー」・・・小さじ1
餃子の皮・・・18枚
なたね油・・・適量

A)
ケチャップ・・・大さじ3
レモン汁・・・大さじ3

【作り方】
① そら豆はさやからはずしてゆで、皮をむいておく。ボウルに「手作りポテトサラダ」「カレーパウダー」を入れてよく混ぜ、最後にそら豆を投入し、つぶれないようにさっくりと合わせる。

② ①を餃子の皮で平たくなるように包み、多めの油をひいたフライパンで両面を揚げ焼きにする。こんがりと色付いたら油を切る。

③ Aを混ぜ合わせたソースを添えていただく。

※大地を守る会の「手作りポテトサラダ」「カレーパウダー」を使えば味付けも簡単。中の具材もそのままで食べられるものなので、焼き色が付いたらでき上がりのお手軽サモサです。

大地を守る会の『そら豆』

大地を守る会の『そら豆』はこちら

大地を守る会の『手作りポテトサラダ』

大地を守る会の『手作りポテトサラダ』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。