レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.28:「湿」の季節と上手に付き合う梅雨の食材選び

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】
ほっくりお豆の鶏おこわ(左)、蕎麦サラダのくるみドレッシング添え(右)
ほっくりお豆の鶏おこわ(左)、蕎麦サラダのくるみドレッシング添え(右)

雨にぬれた景色がしっとりと清らかに映る6月。夏へと抜けるトンネルのようなこの季節は、気温が高い割に汗をかきにくいとあって、水分が溜まりやすい時季でもあります。

日々の食卓では、排出と利水を意識して、湿気と上手に付き合っていきましょう。積極的に取り入れたいのは豆類。乾物で常備しておけば、いつでも簡単にたんぱく質を足せるので、重宝します。

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

Recipe 1
ほっくりお豆の鶏おこわ

ほっくりお豆の鶏おこわ
ほっくりお豆の鶏おこわ

【材料(作りやすい分量)】
小豆(または黒豆、大豆)・・・1/2カップ
鶏モモ肉・・・1枚
もち米・・・3カップ
ごま塩・・・適量

A)
めんつゆ・・・大さじ2
日本酒・・・小さじ1
塩・・・ひとつまみ

【作り方】
① 小豆は洗って1回ゆでこぼし、やわらかくなるまでゆでる。鶏モモ肉は1cm角に切り、Aで下味を付けておく。

② 研いだもち米に①の豆と鶏モモ肉(下味の汁ごと)を入れ、3合分の水加減より1割減ほどの水を加えて、炊飯器の通常モードで炊く。お好みでごま塩を振る。

※ 鶏肉が入ることで中華おこわのような味わいになる豆おこわ。お赤飯のようにほんのり色付いて仕上がります。

有機もち米白米

大地を守る会の『有機もち米白米』はこちら

鶏モモ肉(まほろば)

大地を守る会の『鶏モモ肉(まほろば)』はこちら

特撰 大地を守る会のめんつゆ(3倍希釈)

大地を守る会の『特撰 大地を守る会のめんつゆ(3倍希釈)』はこちら

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】


Recipe 2
蕎麦サラダのくるみドレッシング添え

蕎麦サラダのくるみドレッシング添え
蕎麦サラダのくるみドレッシング添え

【材料(2人分)】
生そば・・・100g
サラダチキン・・・50g
水菜・・・50g
きゅうり・・・1/2本
ベビーリーフ・・・適量

A)
くるみドレッシング
くるみ・・・30g
白味噌・・・大さじ1
めんつゆ・・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ1
水・・・80ml

【作り方】
① 生そばはゆでて冷水に取り4~5cmの長さに切る。水菜もそろえて4~5cmの長さに切り、きゅうりは輪切りでスライスしておく。

② ①とベビーリーフをさっくり混ぜ合わせ、サラダチキンをのせて盛り付ける。Aのくるみをすりつぶして、材料を混ぜたドレッシングをかけていただく。

※ 相性の良いそばとくるみの組み合わせを、サラダで味わいます。くるみは保存袋に入れて、麺棒を転がしながらすりつぶすと簡単です。

神山鶏サラダチキン(ほぐし)

大地を守る会の『神山鶏サラダチキン(ほぐし)』はこちら

奥出雲生そば

大地を守る会の『奥出雲生そば』はこちら

第3世界ショップのくるみ

大地を守る会の『第3世界ショップのくるみ』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。