レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.29:夏においしい発酵食「キムチ」を手軽に自家製で

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】
一晩でできる水キムチ(左)、大葉の自家製キムチ(右)

一晩でできる水キムチ(左)、大葉の自家製キムチ(右)

雨雲の合間に見える青空に、夏がすぐそこまで来ているのを感じますね。まだ梅雨の明けない今のうちから、食卓も夏への準備を。おすすめは発酵食品、キムチの手作りです。野菜をたっぷり食べられて、植物性乳酸菌も取れる健康食材。韓国の家庭料理でもあるキムチは、種類も豊富で手軽にできるものもあり、作り置きに便利です。常備して発酵食品を習慣にしましょう。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

Recipe 1
一晩でできる水キムチ

一晩でできる水キムチ
一晩でできる水キムチ

【材料(2人分)】
きゅうり・・・2本
大根・・・130g
人参・・・1/3本
りんご・・・1/2コ
上新粉・・・小さじ1

A
生姜(千切り)・・・1片
にんにく(千切り)・・・1片
昆布・・・3cm
タカノツメ・・・1本
塩麹・・・大さじ2
りんご酢・・・大さじ1

【作り方】
① きゅうりは乱切りに、大根と人参はいちょう切りにしたあと軽く塩(分量外)を振り、しばらくおいてからしっかり水気を絞っておく。りんごはいちょう切りにする。

② 鍋に水300mlを入れて火にかけ、上新粉を入れてよく混ぜる。上新粉が溶けたら火を止め、粗熱が取れたらAを合わせたものを加える。

③ 保存容器に①と②を入れて、半日から一晩、常温において発酵させる。その後は冷蔵庫で保存し、1週間を目安に食べきる。

※上新粉が野菜と果物の乳酸菌のエサとなり発酵を促進させます。今回は塩麹を使うことでさらに発酵を助けているので、短い時間でおいしくいただけます。

特撰 まろやか純りんご酢 青森育ち

大地を守る会の『特撰 まろやか純りんご酢 青森育ち』はこちら

やさかの有機塩こうじ

大地を守る会の『やさかの有機塩こうじ』はこちら

上新粉

大地を守る会の『上新粉』はこちら

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

Recipe 2
大葉の自家製キムチ

大葉の自家製キムチ
大葉の自家製キムチ

【材料(2人分)】
青じそ・・・10枚
キムチの素・・・大さじ1
醤油・・・大さじ2
めんつゆ・・・大さじ2
いりごま・・・小さじ1
ごま油・・・適量

【作り方】
① 青じそは洗ってよく水分を拭き取っておく。キムチの素、醤油、めんつゆ、いりごまを混ぜて漬けダレを作る。

② 青じそを広げて入る大きさの保存容器に、漬けダレを小さじ1ほど塗り、青じそを1枚のせ、その上に漬けダレを薄く塗り広げる。これを繰り返し、10枚分すべて塗り終えたらふたをして冷蔵庫で15分ほどおく。

③ 食べるときにごま油を回しかける。

※ そのまま食べる以外にも刻んで豆腐にのせたり、味噌にまぜてきゅうりに添えたりと調味料としても。

もったいナイ・ふぞろいの徳用青じそ

大地を守る会の『もったいナイ・ふぞろいの徳用青じそ』はこちら

有機白いりごま

大地を守る会の『有機白いりごま』はこちら

特撰 大地を守る会のめんつゆ(3倍希釈)

大地を守る会の『特撰 大地を守る会のめんつゆ(3倍希釈)』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。