レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.33:テーブルにおいしい花咲く夏のおもてなし

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!
ゆで豚の野菜巻きと塩麹ダレ(左)、サーモンの花びら大根(右)
ゆで豚の野菜巻きと塩麹ダレ(左)、サーモンの花びら大根(右)

家族や友人が集まる機会の多いお盆休みもすぐそこ。気軽にサッと準備できる大皿料理は心強い味方ですね。スペースの大きいお皿は、盛り付け次第で食卓のイメージもがらりと変わりますから、切り方、盛り方にひと工夫してみましょう。

ゆで豚の野菜巻きは、鮮やかな夏の野菜にキムチを盛り合わせて。食卓で巻いて食べる楽しみもあって、話にも花が咲き、いっそう賑やかになりますよ。

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

Recipe 1
ゆで豚の野菜巻きと塩麹ダレ

ゆで豚の野菜巻きと塩麹ダレ
ゆで豚の野菜巻きと塩麹ダレ

【材料(作りやすい分量)】
豚バラブロック・・・400g
塩・・・20g
砂糖・・・4g
長ねぎ・・・1/2本(上半分)
生姜・・・1片
きゅうり、サニーレタス、キムチ・・・各適量

A塩麹ダレ
長ねぎ・・・1/2本 (下半分をみじん切り)
ごま油・・・大さじ2
塩麹・・・大さじ1

【作り方】
① 豚バラブロックに塩と砂糖をすり込み、ペーパータオルで包んでからラップで包み、冷蔵庫で1~2日おく。

② 深めの鍋に水、薄切りにした生姜、5cm幅に切った長ねぎの青い部分を加えて火にかけ、沸騰したら1の豚肉を入れてからふたをして弱火で20分間ゆでる。火を止めてそのまま冷ます。

③ ②の肉をスライスして器に盛る。Aを混ぜた塩麹ダレを添え、スライスしたきゅうり、サニーレタス、②の長ねぎの残りで作った白髪ねぎ、キムチと一緒にいただく。

※②のゆで汁はうまみと塩分が程よく出ているので、長ねぎや生姜などの薬味を加えるだけでおいしいスープになります。

大地うまみこい豚バラブロック

大地を守る会の『大地うまみこい豚バラブロック』はこちら

ミンさんのマイルドキムチ

大地を守る会の『ミンさんのマイルドキムチ』はこちら

やさかの有機塩こうじ

大地を守る会の『やさかの有機塩こうじ』はこちら

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

Recipe 2
サーモンの花びら大根

サーモンの花びら大根
サーモンの花びら大根

【材料(作りやすい分量)】
大根・・・3cm
「鮭香草じめ」・・・10枚
青じそ・・・10枚
ハーブソルト・・・少々
オリーブオイル・・・適量

【作り方】
① 大根は2~3mmの薄い輪切りにして、塩辛いと感じるくらいの濃度の塩水(分量外)に漬ける。しんなりしたら水分をよく拭き取っておく。青じそも洗って水分を拭き取っておく。

② ①の大根に半分に折った青じそ、「鮭香草じめ」をのせて包む。同様に10コ作って皿に重ねて盛る。ハーブソルト、オリーブオイルを回しかけてでき上 がり。

※ 大根の薄切りは塩水でしんなりとさせて巻きやすくします。青じそとオリーブオイルがさわやかな組み合わせです。

徳用鮭香草じめ

大地を守る会の『鮭香草じめ』はこちら

青じそ

大地を守る会の『青じそ』はこちら

海の精 有機ハーブソルト(詰め替え用)

大地を守る会の『海の精 有機ハーブソルト』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。