レシピ

細川モモの野菜の基本~栄養とレシピ vol.24

【細川モモ】ビタミンCやアスパラギン酸が豊富なアスパラガスは、美肌にうれしい優秀野菜

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

細川モモさんの、おいしくてためになる野菜辞典。今回は、アスパラガスの栄養と簡単レシピをご紹介します。

アスパラガス 

アスパラガスには、女性にうれしいビタミンCがたっぷり含まれています。ビタミンCは肌のくすみやシミの原因であるメラニン色素ができるのを抑えたり、コラーゲンの合成を助ける働きがあり、ハリのある健康的な肌には欠かせない栄養素です。

アスパラガスから発見されたことが名前の由来とされるアミノ酸のひとつ「アスパラギン酸」も非常に豊富です。アスパラギン酸は新陳代謝を活発にし、たんぱく質合成を助けて美肌や疲労回復に効果を発揮します。さらに忘れてはいけない栄養素が、アスパラガスの穂先の部分に多く含まれている「ルチン」。ルチンはそばにも含まれているビタミン様物質のひとつで、毛細血管を丈夫にする働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。

アスパラガスが最もおいしいのは、春から初夏にかけて収穫された露地栽培のもの。保存するときは、水分を失わないようにラップで包むかポリ袋に入れ、穂先を上にして冷蔵庫へ入れましょう。すぐに使わない場合は、さっとゆでて冷凍すると鮮度が保てます。収穫して時間が経つと繊維がかたくなるので、なるべく早めに食べましょう。

細川モモさんの過去の記事一覧はこちら

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

おすすめ! アスパラガスレシピ「アスパラガスと豚肉のオイスターソース炒め」

カリフラワーとアスパラガスに豊富なビタミンCと、豚肉に多く含まれている別名“元気のビタミン”ともいわれるビタミンB1により、お疲れ気味の身体にうれしいメニューです。豚モモ肉に調味料をしみこませておくことが、シンプルな調理手順でおいしい1品を作るこつです。

アスパラと豚肉のオイスター炒め 

【材料(1人分)】

  • アスパラガス……3本
  • 豚モモ肉(薄切り)……70g
  • カリフラワー……1/10コ
  • わけぎ……1/8束
  • 油……小さじ1/2
  • 酒……小さじ1/2
  • オイスターソース……小さじ1
  • こしょう……少々
  • レタス……適量

〈A〉      

  • 酒・醤油……各小さじ1/2
  • 片栗粉……小さじ1/2
  • 油……小さじ1/8

【作り方】

  1. アスパラガスは3cm長さに切り、カリフラワーは薄切りにしてゆでる。わけぎは3cm長さに切る。
  2. 豚モモ肉は3cm幅に切り、〈A〉に浸けて15分ほどおく。
  3. フライパンを強火で熱して油をひき、②を炒める。
  4. 豚肉に火が通ったら、アスパラガス、カリフラワー、酒を加え、汁気をとばしながら全体に火を通す。
  5. オイスターソースとわけぎ、こしょうを加えて炒め合わせる。
  6. 一口大にちぎったレタスを器に敷き、⑤を盛りつける。

 

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

こちらもおすすめ!「アスパラガスのきんぴら」

アスパラガスとえのきだけに豊富な食物繊維が摂れる一品です。食物繊維は、体重コントロールをしている方や便秘に悩みがちな女性に加え、生活習慣病の予防をされている方にもうれしい栄養素。また、現代人に不足している栄養素の1つでもあるので、積極的に摂取したいですね。

アスパラのきんぴら 

【材料(2人分)】

  • アスパラガス……3束弱(400g)
  • えのきだけ……1袋
  • 赤唐辛子……1/2本
  • 油……大さじ1     

<A>        

  • 酒……大さじ2
  • きび糖……大さじ2
  • 醤油……大さじ1と1/2

【作り方】

  1. アスパラガスは縦半分に切り、長さ5cm程に切る。えのきだけは石づきを切ってほぐす。赤唐辛子は種を取り、小口切りにする。
  2. フライパンに油を熱して赤唐辛子を炒め、アスパラガスとえのきだけを炒め合わせる。全体に油が回ったら<A>を加え、汁気がなくなるまで炒める。

 

細川モモさんの過去の記事一覧はこちら

 

細川モモ

細川モモ

予防医療コンサルタント/社団法人Luvtelli 東京&NewYork代表理事/2011~2015ミス・ユニバース・ジャパンビューティキャンプ講師/農林水産省「地域食文化活性マニュアル推進・検討会」委員/『細川モモの美人食堂』(主婦の友社)、『タニタとつくる美人の習慣』(講談社)発売中

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。