レシピ

“腸活”のためにぬか漬けを作ってみた! 手入れが楽ちんになる秘密は?

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!
「いきた乳酸菌を食卓に」イベントのウエダ家さん

イベントの様子。調理デモの講師はウエダ家の植田好さん。

先日開催された大地宅配のイベント、【いきた乳酸菌を食卓に 冬・漬け物編】に行ってきました。

植物性乳酸菌が豊富なぬか漬け。
腸内環境を整えていつも健康でいたい、と考える私にはとっても気になる存在です。
 
でも、「においが気になる」、「手入れができなさそう」と思ってなかなか手が出ずにいました。
 
このイベントでは酵母菌や乳酸菌の研究と普及活動を行っているウエダ家の皆さんに、においが気にならないぬか漬け、砂糖を使わないべったら漬け等をご紹介いただきました。
 
当日の試食タイムでは、「ぬか漬けが嫌い」と言っていた同僚が、「ピクルスみたい!」とパクパクぬか漬けを食べているのを見て、家で作ってみよう!と決心。
 
早速作ってみたので、ご紹介します。
 

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

【用意するもの】

もうぬか床を持っている場合は、手持ちのぬか床にウエダ家の自然発酵乳酸菌を混ぜるだけで完成です。

ウエダ家の自然発酵乳酸菌

 

ぬか床を持っていない場合には、生ぬかか煎りぬかと、ウエダ家の自然発酵乳酸菌を用意して作りましょう。

臭わないぬか漬け材料

今回用意した生ぬか、ウエダ家の自然発酵乳酸菌、捨て漬け用の野菜。(生ぬかとウエダ家の自然発酵乳酸菌はセット販売ではありません)

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

(1リットルの容器に入る分量)

  • ウエダ家の自然発酵乳酸菌 1/2包
  • 生ぬか、もしくは煎りぬか … 500g
  • 水 … 500ml(ぬかと同量)
  • 自然塩 … 60g(ぬかに対して約12%)
  • 昆布 … 5×10cm 1枚
  • (お好みで)唐辛子 … 1~2本程度
  • (お好みで)ニンニク … 1片
  • 捨て漬け野菜 … 適量

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

作り方

1.はじめに、水を沸かして塩をよく溶かし、ぬかに混ぜる前に室温まで冷まします。

2.ボウルにぬかと1の塩水を入れ、上下を返すように混ぜます。

ぬかを混ぜる

3.塩水がぬかとなじんだら、ウエダ家の自然発酵乳酸菌を混ぜます。

ぬかに乳酸菌を混ぜる

4.混ざったら清潔な容器に入れ、捨て漬け野菜を入れます。

捨て漬け

5.最後に、昆布、唐辛子、ニンニクを埋め込みます。

ぬか床

ふたをして冷蔵庫へ。

捨て漬けの野菜は1日毎に取り替えます。これを4~5回繰り返して完成です。

 

このぬか床は、乳酸菌のおかげで冷蔵庫で保存しても発酵が進みます。

そのため、温度管理に失敗してぬか床をダメにしたりする心配もなく、手入れが楽ちん。

また乳酸菌のおかげで雑菌も繁殖しにくいので、いやな臭いも抑えられます。

 

1週間後には捨て漬けも終わり、おいしいぬか漬けが食べられるようになるのが楽しみです♪

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。