商品情報

国産ぶどうでつくった「日本ワイン」でおうち飲み♪

“日本ワイン”と”国産ワイン” ってどう違うの?

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

161111_wine_001

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】


日本ワインと国産ワインってどう違うの?

気温もぐっと下がり、年末に向けて何かとせわしなくなってくる今日この頃。冬になると外に出るのもおっくうになりがちですよね。そんな時季は、家でお友だちや家族とワインを楽しみながらパーティー!なんていうことも増えるのではないでしょうか?

さて、パーティーで活躍するお酒と言えば、ワイン。フランスやイタリアなどのワインを選べば間違いないと思っていませんか? 近年、国内外でのイベントなどでも日本で醸造されたワインが注目を集めていますが、輸入ワインに比べてまだまだ認知度は低いようです。しかし、最近は日本のワインメーカーも着実に力をつけており、輸入ワインに勝るとも劣らない品質のワインも登場しているようです。でも、国産のワインは選び方が判らないという方も多いはず。レストランなどで「国産ワイン」と書いてあったり、「日本ワイン」と表記されていたり……、んー、迷ってしまいますよね。

「国産ワイン」と「日本ワイン」。明確に定義が異なることをちょっと知っていただくと、ワインの楽しみ方も変わるかもしれません。

国産ワインは「原料が日本産か海外産かに関わらず、日本で製造・販売する全てのワイン」を指します(ワイナリー協会より)。ワインの原料となるぶどうの約7割は輸入果汁(そのほとんどは濃縮果汁)でも、国内で製造していれば「国産ワイン」と呼べるのです。

161111_wine_0012

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】


純粋に国産のぶどうを使い、日本で醸造したワインを飲みたいなら「日本ワイン」を選ぼう

国産ワインのなかでも国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワインが「日本ワイン」と呼ばれます。「日本ワイン」は国産ワインの11%ほどしかないため、まだまだ稀少価値が高いですね。

徐々に注目を集めるようになった「日本ワイン」。大地宅配では長年この「日本ワイン」を取り扱ってきました。こだわりの国産ぶどうをていねいに加工しているワイナリーから、自慢の新酒や厳選ワインを毎年お届けしている大地宅配の自慢の逸品たちをご紹介します。


五一わいん(長野県)

ワインの名醸地・信州桔梗ヶ原の老舗ワイナリー。「良いワインは良いぶどう作りから」を信条に、独自の技術で糖度の高いぶどうを栽培しています。

161111_wine_0013

苦味や渋みが少なく、さわやかな飲み口。肉料理にぴったりです
五一わいん収穫の詩ベリーA(赤辛口)

 

井筒ワイン(長野県)

地元産のぶどうを原料とし、酸化防止剤不使用の「無添加ワイン」醸造にいち早く取り組みました。お求めやすい価格も魅力です。

161111_wine_0014

フルーティーさが際立つ芳醇な香り
井筒無添加生にごりワイン(白)

 

タケダワイナリー(山形県)

県内産ぶどうの他、ぶどう栽培のために約20年かけて土壌改良を行った自社農場のぶどうを使用。選果も社長自らが醸造家の目で厳選しています。

161111_wine_0015

酵母が生み出す、きめ細かな泡。完熟デラウェア種の格別の風味をどうぞ
タケダワイナリー サン・スフル白(発泡)

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売しません。

 

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。