商品情報

季節の在来種・在来作物をご紹介

茎立菜:日本むかし野菜(在来種)

かつて地域に根付いていたものの、大量生産や規格厳格化の潮流により、あるいは種取りの手間を省くために、主流ではなくなってしまった野菜たち。そうした在来種・在来作物を、作り、食べて、守ろうという取り組みが『日本むかし野菜』シリーズです。

日本むかし野菜には、万人受けする平板なものと違って、甘・辛・酸・渋・旨といったさまざまな味が主張し合う、それだけがもつ魅力的なおいしさが詰まっています。

この連載では、日本むかし野菜に登場する野菜を1品ずつご紹介してまいります。

連載はこちら

今回ご紹介するのは「茎立菜」。主な産地はおきたま興農舎と米沢郷牧場(山形県高畠町)です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雪国の春を告げる、緑色の“命の恩人”

昔、雪国では冬の間、漬けものや乾物、穀類などの保存食で命をつないでいました。そのたくわえは、年があけ、雪がしだいに融ける3月ごろに底をつきはじめます。次第に暖かくなったとはいえ、まだ畑には何の作物も実っていない。……そんな時期に、山形県米沢地方で人々を飢えから救った食べ物がこの茎立菜です。

米沢地方では畑や田んぼのあぜ道に自生しているものを活用していたようですが、おきたま興農舎が出荷している茎立菜は、あぜ道にあったものを畑に植えて育てています。種撒きは秋。20~30cmほど育ったところで冬が来て雪が積もりますが、雪の下で寒さに耐え、春が来て雪が融けるととたんにぐぐっと頭を持ち上げてニョキニョキとのびます。米沢地方の人々にとっては、待ちわびた春を告げるうれしい春の使者でもあったようです。

最近は小松菜などにおされて地元でもあまり見なくなったそうですが、かつて人々の命をつないだ大恩人。大切につなげていきたいと考えています。

 

おいしさメモ

茎が甘くかつちょっとほろ苦さがあるのが特徴。ゆでてしょうゆマヨネーズで食べると甘さが際立ちます。汁の実やごま油で炒めものにしても。

 

日本むかし野菜とは…

日本むかし野菜ロゴ

 

日本各地に自生している在来種や、各地域で農家が種継ぎをしながら育ててきた在来作物を、収穫があったときに不定期にお届けする、大地宅配の商品です。

それによって、昔ながらの野菜の種を残すことになり、持続的で多様な種や環境を保つことになります。そして地域ごとの季節の作物をつくり、食べる知恵や文化を守ることにもつながります。

大地宅配での「日本むかし野菜」ご紹介はこちら

大地を守る社会貢献活動(CSR)をすすめる会

大地を守る社会貢献活動(CSR)をすすめる会

大地を守る会は、社会的課題をビジネスで解決していくソーシャルビジネス(社会的企業)です。産地交流会、料理講座、講演会、他NGO・NPOと連携した取り組みなど、幅広いCSR活動をご紹介します。