商品情報

「九州・沖縄野菜セット」が春の訪れを告げる

新玉ねぎ、アスパラガスなど、九州・沖縄より、春を感じる野菜が到着!

151109_f1_0

九州・沖縄より、春を感じる野菜が到着! 暖かな日差しを浴びて、甘くやわらかに育った春の新玉ねぎやトマト、アスパラガスなど、本州より一足早く春をお届けします。

今回は、お届けする野菜の生産者たちの“おいしい野菜を作るだけじゃない!”地域に根差した活動や栽培の工夫をご紹介します。毎年大人気の野菜セットを、どうぞお見逃しなく。

生産者の皆さん

肥後あゆみの会(熊本県宇城市)

151109_f1_02

トマトの達人・澤村輝彦さん

熊本県宇城市で代表の澤村輝彦さんを中心に、トマトや柑橘の生産者が集い、安全、安心な野菜、果物の生産に取り組んでいます。有機JAS認証の取得にも積極的に取り組み、有機トマト、有機柑橘も増えてきました。澤村さんの技術を学んで独立した新規就農者も多く、地域の有機農業を牽引しています。

 

長崎有機農業研究会(長崎県南島原市)

151109_f1_03

中村智幸さん

長崎・島原半島で設立してから33年、化学肥料を使わず、有機JAS認証か、農薬を抑えた環境保全型農業に生産者全員が取り組んでいます。雲仙より海岸線まで続く急峻な地形に段々畑を作り、じゃがいも、玉ねぎを中心に、各種作物を栽培しています。
若手の育成にも定評のある生産者グループです。

 

かごしま有機生産組合(鹿児島県鹿児島市)

151109_f1_04

亀澤政親さん(左)と重俊さん(右)親子

設立32年の有機農業生産者グループ。現在150軒の農家が所属しています。メンバーの土作りは、すべて堆肥や有機質肥料のみ。有機JAS認証か農薬不使用を徹底している生産者です。新規就農者支援センターの運営、農業技術勉強会も盛んに行い、直営の販売店やカフェも運営。活動は多岐にわたります。

 

真南風の会(沖縄県那覇市)

151109_f1_05

渡真利貞光さん(左)と玉城庄栄さん(右)

「石垣島白保の環境を守りたい」という市民運動から始まった真南風の会。今でもその思いは生産者の胸に深く根付いています。沖縄本島、宮古島、石垣・西表島の生産者が冬も温暖な気候を生かし、初春から収穫するかぼちゃや無加温でも育つトマトやピーマンなどを栽培しています。

 

比べれば歴然! 大地宅配の安心野菜

病害虫に強く、おいしい作物は健康な土で育まれます。大地宅配の野菜は、農薬や化学肥料にできるだけ頼らず、自然の循環を大切にした豊かな土壌で栽培。やむを得ず農薬を散布する場合も、原則、有機JAS規格で認められたものにするなど、厳しい自主基準によって農薬の種類や量・回数を最小限に抑えています。

■一般的な慣行栽培との農薬使用回数(成分数)の違い

151109_f1_06

(慣行栽培は熊本県・長崎県のホームページを参照)

 

春をさきどり!九州・沖縄野菜セット

151109_f1_07

 「九州・沖縄野菜セット」はこちら

 「九州・沖縄野菜セット お米付き」はこちら

春らしい野菜がちょっとずつ詰まった野菜セット。普段スーパーなどで手に取らない野菜も入っていたり。今日はこれとこれを使って春を感じようかな? なんてレシピを考えたりするのも楽しかったです。かぼちゃは甘みがあっておいしーと家族に大好評でした。(バムさん)


お米付きのセットでは、有機米(白米)「森のくまさん」(300g)もお届け

平成24年産の「食味ランキング」で最多得点(※)を獲得した、熊本県が誇るブランド米です。ぜひ一度ご賞味ください。※日本穀物検定協会調べ

151109_f1_08

生産者の大和秀輔さん

 

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。