商品情報

5月5日(金・祝)、こどもの日のおいしい話

端午の節句(こどもの日)にみんなで食べる「柏もち」、「ちまき」の由来は・・・○○○説!

端午の節句にどうして柏もちやちまきを食べるのでしょう?

柏もちとちまきの写真


毎年ゴールデンウィークにあたる、5月5日は「こどもの日」。端午の節句ですね。そもそも旧暦で「午」は五月のこと。午の月(=5月)の、端(=最初)の午の日を端午と呼ぶようになり、「午(ご)と五(ご)」から5月5日となった説があるといわれています。

また、中国で旧暦の五月は病気がはやることが多かったので、ぞろ目の5月5日に菖蒲を門にさすなどして厄払いをしていたことから、5月5日が端午の節句になったという説もあります。

端午の節句に関わる行事物の由来について、この機会に知っておくと家族の絆も深まるかもしれませんね。

●菖蒲(しょうぶ)
武道を重んじる「尚武」(勝負という説も)に通じること、菖蒲の葉の形が剣と似ていることから男の子の成長を願う行事に使われるようになった。

●こいのぼり
鯉の滝登りが立身出世に通じることから、武士の「のぼり」に鯉を書くようになったことが始まりとか。

●柏もち
柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないため、跡継ぎが生まれるまで親が死なない、つまり家系が絶えないという意味で縁起物とされている。

●ちまき
紀元前3世紀頃の中国で、国民に慕われていたある政治家が、国を追われ失望して川に身を投げた。それを供養するために(魚に食べられないよう皮に包んだ)ちまきを投げ入れた。(龍に食べられてしまったので、龍の嫌いな葉に包んだという説も)

★ちなみに関東では柏もち、関西ではちまきが多いようです。
 
間もなく、5月5日がやってきます。端午の節句にぴったりな大地宅配の安心・安全で国産素材にこだわった「柏もち」と「ちまき」でお子さま、お孫さまの成長をお祝してはいかがでしょうか。

安心できる素材で作ったもちもちのおいしさ

柏もちのあんは、農薬不使用の北海道産小豆を使用。ちまきは、おきたま興農舎のうるち米が原料の上新粉を使って蒸し上げました。白砂糖ではなく、風味が豊かな精製度の低いきび糖を使った上品な甘さが人気です。

 


ふっくらと炊いた上品な粒あんが人気

柏もち

大地宅配の『柏もち(つぶあん)』3コ入りはこちら

大地宅配の『柏もち(つぶあん)』5コ入りはこちら

あんが甘過ぎず、小豆の香りが良くおいしかったです。生地ももっちりとして冷凍とは思えないやわらかさで、大人二人で3コペロリと食べてしまいました。次は5コ入りを買います!(とまとさん)

 


香り豊かなよもぎを、生地に練り込みました

大地宅配の『よもぎ柏もち(つぶあん)』はこちら

 


もちもちとした食感とやさしい甘みが魅力

大地宅配の『ちまきはこちら

もちもちとしていて、笹の葉の香りがすがすがしくとてもおいしかったです! シンプルだからこそ素材の良さやていねいな仕事が際立つ逸品だと思いました。(Y・Yさん)

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。