商品情報

味が濃い、人参本来のおいしさ「はまべに」をお届けします

さんぶ野菜ネットワーク(千葉県)の人参は「はまべに」です

さんぶ野菜ネットワークの鈴木悦子さんのレシピ「にんじんごはん」。にんじん・米・鰹節・油揚げ・しょうゆ・酒・みりんで炊き込むだけ。秋の「はまべに」でお試しください。

 

長年の土作りの賜物。続けているからうまい!

野菜は、土から栄養を吸収します。つまり、野菜が健康に育つためには、ただ土があるだけではなく、良い土が必要。さんぶ野菜ネットワークは、有機農業を始めて約30年。

土作りの基本は植物性の堆肥を1年または2年に1回入れて、野菜が育つための栄養素である有機質肥料を計画的に施しています。

この長年の土作りによって、今では野菜が健康に育つ豊かな土になりました。一朝一夕にはできない継続の力があるからこそ、甘くて、味の濃い野菜が育つのです。

さんぶ野菜ネットワークの槍木康道さんとおつれあいの佐知子さん

さんぶ野菜ネットワークの槍木康道さんとおつれあいの佐知子さん



昔ながらの品種、濃い味わいの人参「はまべに」を栽培

さんぶ野菜ネットワークが栽培する人参の品種は「はまべに」。これは昔ながらの品種で、今は作っている方がほとんどいません。

なぜなら、最近の品種は栽培初期に大きくなりますが(初期に生育が早い方が天候被害に遭いづらい)、この「はまべに」は、初期生育が遅く、収穫前にグッと伸びてきます。

有機の圃場は肥料がゆっくりときいてくるので、このような品種と相性が良いのです。土を知り、種を知る、さんぶ野菜ネットワークの人参が届いたら、ぜひ、その味わいを吟味してください。


味が濃い、人参本来のおいしさ

大地を守る会の『人参』はこちら

 

※お届けの産地は選べません。さんぶ野菜ネットワークの人参が届いたら、「はまべに」の味わいを吟味してみてください。

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。