商品情報

暮らし上手のヒント~知ると毎日がちょっと楽しくなる暮らしのヒントをお届け~

暮らし上手のヒント~食卓で春を愉しむ器づかい~

民芸の器の柄を生かして盛り付けたガーリックシュリンプ(下)と、豆腐と季節野菜の味噌漬け(上)


春は光から。
降り注ぐ日差しはやわらかさを増し、畑から届く食材も、われこそはと伸びゆく生命力に満ちて、楽しげに映る時季です。

まばゆい若草色が、まな板の上に列をなすと、料理の手も自然とはずみますね。そんな新しい季節の始まりには、食卓にリズムをプラスしてみましょう。

主役にしてあげたいのは、食器棚のすみっこで「まだかな」と出番を待っていた器たち。

盛り付けが難しいと遠ざけていたお皿でも、使い方一つで、新鮮な雰囲気が作れます。

窓辺からこぼれる春の兆しを感じながら、テーブルの上で季節を愉しんでみませんか。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF


手持ちの器で新鮮、「お皿をパレット」に。

Point 1 
実は難しくない、柄ものの器づかい。食材+柄で絵を描くイメージで

盛り付けのこつは食材と柄を一体化させること。例えば染付の自由なラインの内側に、エビの曲線を散らすように配してみます。

料理はシンプルでも、柄と相まって楽しい一皿に。

柄ものの器づかい


【レシピ】ガーリックシュリンプの白だし風味
オリーブオイルににんにくのみじん切りを入れ、弱火で香りを移したら、尾の部分のみ殻を残したシュリンプと、アスパラガスなど春野菜を揚げ焼きにする。

火が通ったら、白だしを回しかけて完成。

ガーリックシュリンプの白だし風味

 

大地を守る会の『下処理済エコシュリンプ(L)』はこちら



Point 2
皿on皿の一工夫でリズミカルに。脇役だったお猪口が力を発揮します

手持ちの酒器や蕎麦猪口を、プレート上に並べて、「皿on皿」の盛り付けを。プレートの色を差し換えれば、さわやかになったりシックになったりと雰囲気ががらりと変わります。

皿on皿の一工夫(上から、セロリの味噌漬け、左はパプリカの味噌漬け、右は豆腐の味噌漬け)

【レシピ】豆腐の味噌漬け

水切りした木綿豆腐一丁を4等分にカットして、みりんで溶いた味噌を側面に塗ったら、ラップで包み冷蔵庫で寝かせます。漬け込みはお好みで1~3日間ほど。

豆腐の味噌漬け


大地を守る会の『神泉豆腐』はこちら


大地を守る会の『やさかみそ(甘口)』はこちら


監修/フードスタイリスト 遠田 佳代子さん
「白、黒、無地の器だけでなく、色柄ものも登場させてあげると、目でも楽しむ食卓作りができます。季節に合わせてお洋服を替えるように、器を楽しむ遊び心があってもすてきですね」

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。