商品情報

おやさい暮らし~野菜のある食卓をもっとおいしく。レシピと合わせてご紹介~

待ちこがれた「しゃきしゃき」。葉に蓄えた、春の息吹。~レタスの春~

レタスの海苔塩ナムル

レタスの海苔塩ナムル


「あぁ、今年もこの季節がやってきた」

おいしさを知る人が心待ちにする「レタスの春」が始まります。

程よく冷涼な気候を好むレタス。冬から春へと移ろう季節のなか、手作業による温度管理を施されて、この時季、うまみが極まります。

特に、茨城県の飯塚一実さんが作るそれは、レタスの常識を超えるずっしりとした重み。

厚くしっかりとした葉の食感は、「ばりばり」とも、「しゃきしゃき」とも称されて、かむほどにみずみずしさがあふれます。

レタスを主役に、旬の味わいをお楽しみください。


Recipe 1
 レタスの海苔塩ナムル

【材料(2人分)】
レタス ・・・ 1/2~2/3コ
焼き海苔 ・・・ 1枚
塩 ・・・ 少々
ごま油 ・・・ 大さじ1
 
【作り方】
① レタスは大きめの一口大に手でちぎる。
 
② ボウルに①のレタスを入れて塩を振りかけ、手で全体をざっと混ぜたら5分ほどおく。
 
③ ②の水気を切り、ごま油を回しかけて全体に和える。
 
④ 海苔をちぎりながら加え、ざっと混ぜて器に盛り付ける。

★メモ★
中心の葉まで丸ごとおいしく食べ切れるレシピ。レタスの繊維を壊さないように手でやさしく混ぜて。

大地を守る会の『レタス』はこちら


Recipe 2
 簡単レタススープ

春レタスは温製でも美味


【材料(2人分)】

レタス・・・ 3~4枚
とりがらスープ・・・  1本(50g)
ごま油・・・ 適量

【作り方】
鍋に「とりがらスープ」と水300ccを入れて火にかける。

沸騰したらレタスを手でちぎりながら入れ、しんなりしたら火を止める。

風味付けにごま油をひとたらしする。

大地を守る会の『レタス』はこちら


はたけ便り

茨城県坂東市でレタス農家を営む飯塚一実さん。その畑は、利根川と鬼怒川の流れに抱かれるレタスの一大産地にあり、およそ7,000㎡もの大らかな敷地が広がります。

「レタスってこういう味だったんだ! と唸らされる濃いうまみ。水っぽくて味があるのかないのかわからない……そんなレタスとは違います」と飯塚一実さん(左)。右は息子の雅弘さん


レタスは涼しい環境で育つ作物。繊細な葉をみずみずしく育てるには、適切な温度管理が要となります。

飯塚さんの畑では、お正月明けの種まきから春の収穫まで、畝を覆う長いビニールのトンネルを、手で開け閉めしながら栽培。閉めっぱなしだと温かくなって、病気が発生しやすくなり、開けたままだと、冷え込みで劣化する。

そのため、日々の空模様を見て、朝は9時、午後は3時ごろから、トンネルを開閉して回ります。広大な畑のすみずみを歩き、その時間は合計2時間以上にも。

そうして手をかけて育まれた飯塚さんのレタスは、さしずめ「春告げ野菜」。

ばりっと音を立て、葉の中に抱え切れない春の息吹が、口中にこぼれ落ちます。味わいを享受できるのは、ほんの2カ月弱。

引き立て役にはおさまらない存在感は、そのままで十分、ごちそうになります。

手にしたときずっしりと重い飯塚さんのレタス。わしゃわしゃと茂った外葉にもみずみずしさが行き渡り、すっきり澄んだ春の味わいです

手にしたときずっしりと重い飯塚さんのレタス。わしゃわしゃと茂った外葉にもみずみずしさが行き渡り、すっきり澄んだ春の味わいです


保存のコツ

すぐ使えて便利。時短の葉物保存

すぐ使えて便利。時短の葉物保存


すぐ使えて便利。時短の葉物保存
 
葉をばらして洗い、水気を切って野菜用の鮮度保持袋に入れ、冷蔵庫へ。

サラダやスープなど、使いたいときにさっと使えます。2~3日で使い切りましょう。


味も香りも食感も
三拍子そろったおいしさ

大地を守る会の『レタス』はこちら

 

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。