商品情報

農家ごはん~畑のそばの食卓スナップ~

富谷 亜喜博さんの野菜づくしごはん。「毎食野菜のフルコースです(笑)。」

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約66%OFF
毎日のお食事は、おつれあいの和美さんの手作り。コールスローは生の白菜で作るなど工夫がいっぱい。「彼女は料理上手ではないと思うけれど、どれもとってもおいしい。毎日作ってほしいから、ちゃんと口に出して言いますよ」と亜喜博さん

毎日のお食事は、おつれあいの和美さんの手作り。コールスローは生の白菜で作るなど工夫がいっぱい。「彼女は料理上手ではないと思うけれど、どれもとってもおいしい。毎日作ってほしいから、ちゃんと口に出して言いますよ」と亜喜博さん


365日、野菜づくし。
ごはんにもおかずにも汁物にもたくさん入って、毎食野菜のフルコースです(笑)。

僕の大好きな人参ごはん。
このあたりでは、何もないときに作る定番めしなんですが、うちのは、もち米をオリーブオイルで炒めてから蒸してるんです。

これが、こくがあって本当においしい。
食べたくなると「そろそろ?」って妻にリクエストします。

人参ポタージュは、料理家の辰巳芳子さん主催の収穫体験の会をやらせてもらった際に習ったスープなんです。

一鍋に人参500グラムぐらいかな。冬採りの甘みがしみるおいしさです。


【今回のごはんの中身】

● 人参ごはん ● 人参のポタージュ
● 白菜のコールスロー ● 里芋煮
● 野菜と手作り餃子のスープ ● 浅漬け

 

さんぶ野菜ネットワーク富谷 亜喜博さん

さんぶ野菜ネットワーク富谷 亜喜博さん


千葉県山武市で30年前から有機農業に取り組む富谷 亜喜博(とみや あきひろ)さん。58歳。

有機栽培は、一年中、草取り、虫採りのいたちごっこ。

「ハウスの中でモンシロチョウを見つけたときには“このやろ~”なんて追いかけたりしてね。網で採って外に逃がしますけど……」

 

憩時間は揚げたさつまいもで一息。

憩時間は揚げたさつまいもで一息。

富谷家の人参ごはん。炒めてから、甘じょっぱく煮詰めて蒸す、中華ちまきのような作り方。

富谷家の人参ごはん。炒めてから、甘じょっぱく煮詰めて蒸す、中華ちまきのような作り方。

一年かけて育ったねぎの収穫。この後、長いひげ根と緑の本葉を一つ一つ手作業でカットする。

一年かけて育ったねぎの収穫。この後、長いひげ根と緑の本葉を一つ一つ手作業でカットする。


富谷さん夫妻より
「この時季出荷しているのは、夏播き、冬採りの人参。
山武の厳しい寒さを越えて、
“冬の人参は千葉”といわれるほど濃い甘みです。」

大地を守る会の『人参』はこちら

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。