商品情報

おやさい暮らし~野菜のある食卓をもっとおいしく。レシピと合わせてご紹介~

春うららかに、みずみずしく。甘みあふれる葉の重なり。~春キャベツ~

春キャベツとアサリの生姜スープ

春キャベツとアサリの生姜スープ


光舞う4月。畑の春の贈り物、三浦のふんわりキャベツの季節が今年もやってきました。

厳しい寒さのなか畑に植えた苗は、真冬のトンネルをくぐりぬけ、春の収穫を迎えるころには一枚一枚の葉がふわっと巻き、うまみが凝縮。生で食べても芯までやわらかく、かむたびにみずみずしさがあふれます。

三浦半島を抜ける海風に育まれた旬の味わいは、1カ月弱の季節限定。えぐみのかけらも見当たらないまっすぐな清らかさをお楽しみください。



Recipe 1 春キャベツとアサリの生姜スープ

【材料(2人分)】
春キャベツ ・・・ 4枚
殻付きアサリ ・・・ 1パック
酒 ・・・ 大さじ2
生姜の搾り汁 ・・・ 小さじ1
塩・こしょう ・・・ 各少々
オリーブオイル ・・・ 大さじ1

【作り方】
① アサリは殻をこすり合わせるようにしてよく洗う。キャベツは手で食べやすい大きさにちぎる(またはざく切り)。

② 鍋にアサリと水400cc、酒を入れて火にかける。アサリの口が開いたら取り出し、再び沸いてきたらキャベツを入れる。

③ キャベツの色が鮮やかになったらアサリを戻し入れて生姜の搾り汁を加え、塩・こしょうで味を調える。器に盛り付け、オリーブオイルをひとたらしする。

★メモ★
春キャベツは生でも甘くやわらかいので、手でちぎり、火を通し過ぎないのがおいしくいただくポイントです。

大地を守る会の『三浦のふんわり春キャベツ』はこちら



Recipe 2 
ざくざくコールスロー

にんにく風味でこくうま!

【材料(2人分)】
春キャベツ ・・・ 1/2コ
塩 ・・・ ひとつまみ
マヨネーズ ・・・ 大さじ2
おろしにんにく ・・・ 1片分
ブラックペッパー ・・・ 適量

【作り方】
1.キャベツは幅5mmの細切りにし、塩を振りかけ10分ほどおいて水気を絞る。

2.マヨネーズとおろしにんにくを混ぜ、キャベツを入れて混ぜ、ブラックペッパーを振る。

大地を守る会の『三浦のふんわり春キャベツ』はこちら



Recipe 3 さっぱりごまキャベツ

箸が止まらない美味

【材料(2人分)】
春キャベツ ・・・ 1/2コ
白ごま ・・・ 大さじ1
ポン酢 ・・・ 大さじ1~2

【作り方】
1.キャベツは千切りにして、器にこんもりと盛り付ける。

2.フライパンでごまを香りが立つまで空炒りする。

3.キャベツにごまを振りかけ、ポン酢をかける。

大地を守る会の『三浦のふんわり春キャベツ』はこちら



はたけ便り

「三浦のふんわり春キャベツ」をお届けするのは、神奈川県三浦半島の生産者グループ、黒崎研究会。太平洋からの光と風を受ける半島特有の温暖な気候によって、やわらかく甘いキャベツが育まれます。

根張り良く、順調に生長中の春キャベツ。葉の重なりは育ちすぎてもかたくなり、生育が悪いとすかすかになるため、ほど良い巻き具合が大切。

根張り良く、順調に生長中の春キャベツ。葉の重なりは育ちすぎてもかたくなり、生育が悪いとすかすかになるため、ほど良い巻き具合が大切。


加えて黒崎研究会では、有機質肥料による土作りに取り組んで30年以上。長い歳月の間、土壌に蓄積された微生物の力も手伝って、自然本来のスピードでじっくりうまみが蓄えられます。

真冬の時期から、苗の植え付けをはじめ、収穫は4月半ばから。寒過ぎると苗も育たず、葉の巻き具合も芳しくなく、天候が大きく生長に影響します。今年は何度も訪れた寒波が影響して、生育状況は一進一退。3月後半のあたたかさで持ち直し、見事な葉がふわふわと茂っています。

こうしてうまみを蓄えた春キャベツは、生でも口の中に繊維が残らず、火を通せば甘みが凝縮し、まさに旬ならではの味わい。コールスローはもちろん、シンプルに焼いてキャベツステーキで食べるのもおすすめです。

 

黒崎研究会の3月のキャベツ畑の様子。これから暖かくなるにつれ結球が進み、どんどん大きくなります。

黒崎研究会の3月のキャベツ畑の様子。これから暖かくなるにつれ結球が進み、どんどん大きくなります。


毎年大好評!

この時季だけのおいしさをお届け

大地を守る会の『三浦のふんわり春キャベツ』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。