商品情報

なるほど台所帖~大地を守る会の商品や食の知識が深まります~

夏場もお米のおいしさを長持ちさせるための保存方法をご紹介

大地を守る会のお米は、保管の際に薬を使ってくん蒸などをしません。虫の発生を抑えて、夏場もお米のおいしさを長持ちさせるための保存方法をご紹介します。

冷蔵庫で保存をする時に、便利なのがペットボトル。ペットボトルは密閉性も高く、寝かせて保存することもできます。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF


使いきれる量を購入し、底の丸い密閉できる容器で保存

お米は生鮮食品と同じで時間経過とともに味が落ちるため、なるべく早く食べることが望ましいです。

特に鮮度の落ちやすい夏場は、使いきれる量の購入がおすすめ。というのも、お米の袋には目に見えない小さい穴がたくさん開いており、水分や湿気、虫が侵入することがあるからです。袋を開けたら、しっかりと密閉できる専用容器に移して保存しましょう。

角がある容器は隅に虫の発生原因である古い米ぬかやゴミが残りやすいので、底が丸い容器が良いですよ。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF


夏場はペットボトルの利用&冷蔵庫保存がおすすめ

気温が20℃以上の虫が発生しやすい時季や、お米を使いきるまでに時間がかかりそうなご家庭の場合は、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

冷蔵庫保存のときに活躍するのが、ペットボトル。密閉性が高く、立てても良いし、寝かせて保存することもできます。

500mlのペットボトルの容量はちょうど米3合分です。1.5Lなら9合、2Lなら12合なので、あらかじめ計量しておいても便利。透明なので、お米の残量も一目で確認できます。


かむと広がる
甘みと粘りが自慢です!

大地を守る会の『有機新潟コシヒカリ白米』はこちら

 

過去の記事

夏場のお米の保存方法は、ペットボトル&冷蔵庫がおすすめ
大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。