商品情報

暮らし上手のヒント~知ると毎日がちょっと楽しくなる暮らしのヒントをお届け~

暮らし上手のヒント~夏のゴーヤ、もっと食卓に~

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF
ゴーヤ料理

写真左から時計回りに「ゴーヤと牛肉のマヨネーズ炒め」「ゴーヤとエビのごまクリーム和え」「ゴーヤと豆腐の肉詰め」。ゴーヤの苦味と相まってお肉もマヨネーズ味もさっぱりといただけます


南から届く夏の苦味、ゴーヤ。

畑で次々収穫される清々しい味わいをゴーヤチャンプルー以外のメニューで楽しんでみませんか。

こつはたんぱく質の「こく」を加えること。チャンプルーの具材にヒントを得て、肉や豆腐、卵を合わせたり、味付けにマヨネーズや練りごまを用いたり。

体が目覚めるような強い苦味は組み合わせる食材でまろやかになり、さわやかな清涼感を醸し出します。

いつしか市民権を得たパクチーのように老若男女の胃袋をつかむのも料理の腕次第。レギュラー野菜に昇格する日も間近です。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF


チャンプルーだけじゃない! 苦味+「こく」の新定番

Arrange 1  
チャンプルーにヒントを得て
「ゴーヤと豆腐の肉詰め」

ゴーヤと豆腐の肉詰め

ゴーヤと豆腐の肉詰め

豚挽肉100g、木綿豆腐80g、塩・こしょう少々、片栗粉、ごま油適量を混ぜてあんを準備。

縦半分に切ってワタを取ったゴーヤ3本分を、塩水に30分浸けてから内側に片栗粉をまぶします。ゴーヤにあんを詰め肉の面から焼き、火が通ったら逆も同様に焼きます。

Arrange 2 
練りごまを絡めてまろやかに
「ゴーヤとエビのごまクリーム和え」

ゴーヤとエビのごまクリーム和え

ゴーヤとエビのごまクリーム和え

尾の部分のみ殻を残したエビ12尾、縦半分に切ってワタを取り塩もみしたゴーヤ1/2本を0.5mm幅に切り、フライパンで炒めて白ごまペースト大さじ2を絡め、醤油少々で味を付けます。

Arrange 3 
“肉マヨ”がゴーヤでさっぱり
「ゴーヤと牛肉のマヨネーズ炒め」

ゴーヤと牛肉のマヨネーズ炒め

ゴーヤと牛肉のマヨネーズ炒め

牛肉小間切れ200gをにんにくで香り付けした油で炒め、縦半分に切ってワタを取り、0.5mm幅に切って塩水にさらしたゴーヤ1/2本を加えます。

全体に火が通ったらマヨネーズ大さじ1、オイスターソース小さじ2、こしょう少々を加えます。


おすすめ素材はこちら

にがうり(ゴーヤ)

大地を守る会の『にがうり(ゴーヤ)』はこちら


大地うまみこい豚挽肉

大地を守る会の『大地うまみこい豚挽肉』はこちら


短角牛小間切れ

大地を守る会の『短角牛小間切れ』はこちら


下処理済エコシュリンプ(ブラックタイガー)(L)

大地を守る会の『下処理済エコシュリンプ(ブラックタイガー)(L)』はこちら


監修/フードスタイリスト 遠田 佳代子さん
「苦味をまろやかにするのがゴーヤ料理をおいしく仕上げるこつ。ワタをしっかり取ることと塩を使った下ごしらえに加えて、こくのある素材と合わせることがポイントです。ゴーヤチャンプルーはその原型ですね」

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。