商品情報

暮らし上手のヒント~知ると毎日がちょっと楽しくなる暮らしのヒントをお届け~

暮らし上手のヒント~夏、香り野菜をたっぷりと~

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!
焼肉と香り野菜

いつもの焼き肉にふんわり薬味を包んでいただく夏のおかず。大葉やねぎ、みょうがなど、香りさわやかな野菜を細く刻んで水にさらせば彩りも食感も際立ち、肉料理がさっぱりいただけます

大葉に生姜、ねぎ、みょうが……料理に少量加えることでさわやな香りを添えてくれる薬味。普段は麺や冷や奴にのせて味わうどちらかといえば脇役、添え物ですが、視点を変えて主役に使ってみましょう。

焼き肉なら、刻んだ大葉や白髪ねぎを一緒に包んでほお張る。肉巻きなら葉ねぎ、生姜、みょうがを千切りにしてたくさん巻く。肉はこくを足す脇役で、主役は薬味。そんなちょっとした立場の逆転で暑い日でも箸がすすむ味わいになります。

長くなりそうな今年の夏、食卓にぜひ。

 

【送料無料】カンブリア宮殿で紹介され注文殺到!限定お試しセットが1980円!

薬味の「主役」化で、肉おかずが夏味に!

Arrange 1
香り野菜とキムチを“包む”
大人の焼き肉

香り野菜とキムチを包む、大人の焼き肉

香り野菜とキムチを包む、大人の焼き肉

大葉、赤玉ねぎ、葉ねぎ、長ねぎ、みょうが、生姜は極細の千切りにして水にさらしておく。牛カルビ肉は塩焼きに。お好みでキムチを添えてレタスに包んでいただきます。

ボリュームたっぷりの焼き肉も、香り野菜の清々しさで、夏の味わいに。

Arrange 2
香り野菜を“巻く”
肉巻きのさっぱり煮浸し

肉巻きのさっぱり煮浸し

肉巻きのさっぱり煮浸し

葉ねぎ、みょうが、生姜の千切りを豚バラ肉で包んで楊枝で留め、みりんと醤油で煮浸しにします。めんつゆで煮てもOKです。香り野菜の量はたっぷりと。

さわやかな風味もさることながら、シャキシャキとした歯ごたえも美味です。


おすすめ素材はこちら

赤玉ねぎ

大地を守る会の『赤玉ねぎ』はこちら


青じそ

大地を守る会の『青じそ』はこちら


短角牛バラカルビ焼用

大地を守る会の『短角牛バラカルビ焼用』はこちら


監修/フードスタイリスト 遠田 佳代子さん
「薬味はうどんやそうめん、豆腐などさっぱりメニューとの相性はもちろんいいのですが、肉料理や揚げ物のこってり感を中和する清涼剤のような使い方もおすすめ。コロッケや餃子にも大葉を加えるだけで、さっぱりといただけます。」

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。