商品情報

農家ごはん~畑のそばの食卓スナップ~

農家ごはん~小林さん夫婦の賄いごはん~

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF
小林さん夫婦の賄いごはん

自家製うな丼の他に「農家は忙しいからいつも作り置き」とおかずも充実。万願寺とうがらしとなすの味噌炒めには、大葉を加えてさっぱりと。「勝弥さんの野菜は 絶品。他は敵わない」と美知さんが語るように、苦味、辛味が程よく、食感が力強い。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF


賄いめしは大盛りうな丼。天然ものだって驚くけど自分で獲って自分で食べる、代々これがうちの当たり前。

うちは夏井川の支流が近いから代々、魚介類を川漁で賄ってきました。

春先はモズクガニ、夏はウナギ、秋口は鮭。畑仕事が終わってからよなよな獲りに出かけます。

はい。ウナギもです(笑)。

はえ縄を仕掛けて獲って捌く、ここまでが自分で、妻が料理担当。

タレは骨、肝、頭も煮てくれるからうまみも栄養も満点です。

東日本大震災が起こって以来、多くの人が私たちの畑に来てくれました。

復興ボランティアやウーファー(※)のみんなが喜んでくれるから張り切って獲ってます。

※農業体験と交流を目的としたNGO「ウーフ」(WWOOF)における農作業の支援者。小林家では、フランスやベトナムなど世界各国からのウーファーを民泊で受け入れている。

今回のごはんの中身
● うな丼
● 万願寺とうがらしとなすの味噌炒め
● ミニトマトのわさびオイル和え
● 塩肉じゃが
● オクラのおひたし
● 万願寺とうがらしの佃煮
● 味噌ヨーグルトの漬け物

いわき夏井ふぁーむの小林勝弥さん、美知さん夫婦と愛犬の花凛(かりん)

福島県いわき市で有機農業を営むいわき夏井ふぁーむの小林勝弥さん、美知さん夫婦と愛犬の花凛(かりん)

東日本大震災の20日前に有機JAS認証取得、翌日が初出荷という日にハウスを津波が襲ったが、そこから1年かけて畑を立て直した。「震災後の畑に除塩資材を提供してくれたのが大地を守る会。今でも感謝しています」と、現在7カ所の圃場でじゃがいもやオクラなどを栽培する。

旬を迎えたオクラの畑で籾殻を敷き詰める小林勝弥さん

旬を迎えたオクラの畑。酷暑のもと、地温を下げるために籾殻を敷き詰める。

収穫期のオクラ

収穫期のオクラはごつごつと太く緑色が鮮やかで、照りが豊か。「天ぷらにするとうまいよ」と勝弥さん。

小林家の名物うな丼

ラーメンの丼に一人1匹分豪快に盛る小林家の名物うな丼。


小林さんより
「うちではじゃがいもは、塩肉じゃがにするのが定番。玉ねぎではなく長ねぎをたっぷり入れて、白だしで味付けます。あっさりして、暑さのなかでも食がすすみますよ。」

大地を守る会の『メークイン』

大地を守る会の『メークイン』はこちら

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。