商品情報

商品担当と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

隠れ名品案内 ~今週の名品は、低温長時間発酵 岩泉ヨーグルト(加糖)~

<今週の名品はこれ!>
驚きの量(1kg!)も、ちょっと風変わりな容器もすべておいしさのためです。

ヨーグルト比較図

砂糖なしの「プレーン」ももっちりしていますが、砂糖入りの「加糖」はスプーンからなかなか落ちないほどもっちり!!

ツチオーネ編集部(以下「ツ編」):
立派なたたずまいのヨーグルトですね。1kgもある!

西田:
そう。1kgには理由があるんです。ヨーグルトは健康面が注目されがちですが、製造元の岩泉乳業は、「とにかくおいしいヨーグルトを作る!」を目標に掲げました。

このヨーグルトは包装容器に充填してから発酵させるタイプです。「うまく発酵させる=おいしいヨーグルトが作られる」ということだから大げさかもしれませんが、岩泉乳業では容器がヨーグルトのおいしさを左右すると考え、こだわりました。

まずはサイズです。いろんなサイズの容器で試作したら、大きいほどおいしかったようです。だからこの1kgにしたそうですよ。

ツ編:
サイズとおいしさの相関関係を発見したんですね! 素材もアルミは珍しいですね。

西田:
アルミにしたのも理由があると聞きました。通常ヨーグルトは40℃で5~6時間発酵させますが、岩泉ヨーグルトは20℃で約20時間と長い時間をかけた「低温長時間発酵」で「もっちり」とした食感に仕上げています。

このアルミ袋は「低温長時間発酵」に大変適していて、袋の中でゆっくりと熱が伝わり発酵が進みます。まさに袋の中は「ヨーグルト工場」そのものといえます。

ツ編:
研究を重ねてたどりついたのが、この姿だったんですね。本当にこれまでにないくらい「もっちり」としていますね。

西田:
そうなんです。乳酸菌を活発化させる砂糖も加えたから、非常に「もっちり」としています。ちまたに「もっちり」と名前が付く商品があふれているように、日本人はこのような「もっちり」が好きですよね。

ツ編:
はいっ、このおいしさは本能に訴えてくるものですね。くせになります~。

加工食品セクション担当の西田 和弘さん

加工食品セクション 西田 和弘

大地を守る会の『低温長時間発酵 岩泉ヨーグルト(加糖)』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。