商品情報

農家ごはん~畑のそばの食卓スナップ~

農家ごはん~武藤さん一家の山の恵みいっぱいごはん~

武藤家の昼ごはん

お手伝いの皆さんと囲む武藤家の昼ごはん。「妻は料理上手、味付け上手。親戚内でも羨ましがられます」と喜三さんが話す幸子さんの手料理は彩り豊かで品数豊富。そうめんをつけて食べる冷や汁にも、じゅうねんが入って香ばしさ満点。

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

りんご農家の休憩ごはんはずんだ餅にも冷や汁にもじゅうねん入りの長生きごはん。見ためは渋くてもごちそう!

大きなすり鉢にごろんと入ってるのは代々伝わる郷土めし、ずんだ餅。もち米に枝豆の餡を絡めるおはぎなんです。

ゆで枝豆と炒ったじゅうねんに砂糖と醤油を加えたずんだ

ゆで枝豆と炒ったじゅうねんに砂糖と醤油を加えたずんだ。

このへんではえごまのことを「じゅうねん」って呼んで種を炒っていろんなものに入れます。ずんだの餡のなかの黒っぽい粒々もそれ。十年食べると十年長生きするって、だからじゅうねんなんです!

農家は忙しいからあるものでささっと作る。質素なごはんですよ。でもね、大切なのは素材。先祖伝来の料理を山の恵みでこしらえる。それが何よりのごちそうです。

【今回のごはんの中身】
●じゅうねん入り冷や汁そうめん
●枝豆とじゅうねんのずんだ餅
●ささげのじゅうねん和え
●豚肉の野菜炒め
●焼きなすのにんにく添え
●山うどの炒め煮
●イカ人参
●きゅうりとなすの浅漬け

羽山園芸組合 武藤 喜三さん一家

羽山園芸組合 武藤 喜三さん一家

福島県二本松市で果樹栽培を営む羽山園芸組合の武藤喜三さん、幸子さんご夫婦と、息子さんの喜幸さんとおつれ合いの慶子さん。

喜三さんのお父さんが終戦を迎えた土地にりんごの苗を植えたのが始まり。安達太良山をのぞむ丘の上の圃場は現在5カ所2.5ha。

木に実るりんご

あと1週間ほどで収穫を迎えるりんご、未希ライフ。万遍なく日に当てるために実を半回転させる玉回しの作業も1コ ずつ手で行う。

お皿に盛ったりんご

武藤家では日に何度もりんごを味見。

武藤さんより
「今年は干ばつがひどかったけど、8月に雨がたっぷり降ってくれたから甘み濃く育っています。うちではすりおろして焼き肉のタレにも入れますよ。りんごの季節をどうぞお楽しみください。」

大地を守る会の『つがる(早生りんご)』

大地を守る会の『つがる(早生りんご)』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。