商品情報

商品担当と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

隠れ名品案内 ~今週の名品は、北海道産大豆のひきわり納豆~

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

<今週の名品はこれ!>
「粒」派だなんてもったいない。
魅惑の「ひきわり」ワールドへ、いざ!

ひきわり納豆の和風ドレッシングとサラダ

ひきわり納豆を思いっ切りネバネバさせてから、ごま油、酢、醤油を加えてさらによく混ぜると、こくのある和風ドレッシングになります。シンプルなサラダでもうまみがたっぷり!

ツチオーネ編集部(以下、「ツ編」):
今日のお題はひきわり納豆ですね。正統派の「粒」もいいですが、「ひきわり」は別物のおいしさ。きめ細かくてなめらかで、ごはんとよく絡んで。想像するだけでうっとりします。

上田:
糸の立ち方も、ひきわりならではの粘り、とろみがあっていいですよね。僕も大好きです。で、知ってました? 今世間は空前の納豆ブーム。ひきわりも人気上昇中なんです。

ツ編:
世情に疎くてごめんなさい。

上田:
ご存知なかったですか。栄養面が再評価されて製造が追いつかないところもあるくらい。でもなぜかうちでは横ばいなんです。ブームに躍らない会員さんが多いのかな。

ツ編:
でも「粒」派の方にも知ってほしいですね、このとろける魅力。

上田:
はい。さらに猛烈にお伝えしたいのが、今回ご紹介の「北海道産大豆のひきわり納豆」は、生産者の登喜和食品さんが自社で大豆をひき割って、蒸してるってことなんです。非常に珍しいんですよ。

ツ編:
「割る」「蒸す」「発酵」を一貫して行っていると。確かにあまり聞きませんね。

上田:
ひきわり納豆って、煎り大豆を蒸す前に割るんですよね。表面積をしっかり増やして、それから「蒸す」「発酵」の工程に進む。だから菌がたっぷりなわけです……。

ツ編:
それを1カ所で行うんですね。

上田:
そうすると、割ってすぐ蒸せる。つまり風味が逃げないんです。

ツ編:
なるほど。この濃い香り、強い納豆感の秘密はそこなんですね。

上田:
風味が濃厚だから強いものにあわせても負けませんよ。僕はマヨネーズと和えてトーストに塗ったり、納豆ドレッシングもよくやります。

ツ編:
もはや食べる調味料ですね。

上田:
うまいですよ~。ごはんのともだけにしておくのは惜しい。「粒」との比較の壁を越えてほしいです!

商品担当 上田 竜臣

商品担当 上田 竜臣

大地を守る会の『北海道産大豆のひきわり納豆』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。