商品情報

海苔屋のごはん~海のそばの食卓スナップ~

海苔屋のごはん~成清 忠さんのセルフおむすび~

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】
成清さんのお母さま・君代さんが握ったおむすび

成清さんのお母さま・君代さんが握ったおむすび

新海苔を入札してから出荷まではわずか10日ほど。その間に海苔の個性を見極めながら「火入れ(乾燥)」「焼き」の加工を行い「毎晩エンドレスになる」と言う忠さん。

作業の合間を縫うように食べる昼食は、お母さま・君代さんが握ったおむすび。ふんわりしてかたくなく、でもぽろぽろしない絶妙な握り具合です。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

うれし忙し、新海苔の季節到来!書き入れ時の寸暇を惜しんで“おきたま”の塩むすびに一番摘みを「後巻き」してます。

福岡県柳川市、有明海の近くで親父の代から海苔屋をやっています。

我々は新海苔シーズンの今が書き入れ時だから、食事はさっと時短で。母親が作ってくれる塩むすびに各自海苔を巻くだけです。

お米は「おきたま興農舎」のコシヒカリ。海苔は皿垣漁協のものが定番ですが、海苔芽のミンチが細かく厚くてうまい。

細かいと流れたり穴が空いたりロスが出るので作り手は大変ですが、それでもおいしさには変えられない。

食感がサクサクふわっとして、口のなかでほどけるようにとけていきますよ。

福岡県柳川市、成清海苔店の二代目・成清忠さん

福岡県柳川市、成清海苔店の二代目・成清忠さん

海苔の等級は色つやなどの見ためで決まるのが一般的だが、成清さんはおいしさを追求。

その年の初めに摘み取る貴重な「秋芽一番摘み」だけを仕入れ、海苔の特徴に合わせて味を見ながら焼き加減を調整する。大地を守る会とは30年ほどのお付き合い。

潮の干満に合わせて海に出る皿垣開漁業協同組合(福岡県柳川市)の皆さん

潮の干満に合わせて海に出る皿垣開漁業協同組合(福岡県柳川市)の皆さん

酸処理を行わずに病気を防ぐためには天日にさらす時間を長くするのが一つの方法。そのため網の高さを日々手作業で調節する。

君代さんの握るおむすび

君代さんの握るおむすび

忠さんおすすめの海苔汁

忠さんおすすめの海苔汁

〈今回のごはんの中身〉
● 塩むすび+海苔
● 海苔汁
● たくあん
● 温かい麦茶

黒瀬さんより
「今年もサクッと歯切れ良く口どけの良い海苔ができました。お椀にちぎってお湯を注いで、醤油を一たらしするだけで立派な海苔汁になりますよ。」

大地を守る会の『新のり・成清さんの有明一番摘み おにぎり用焼海苔』

大地を守る会の『新のり・成清さんの有明一番摘み おにぎり用焼海苔』はこちら


大地を守る会の『新のり・成清さんの有明一番摘み 皿垣漁協産焼海苔』

大地を守る会の『新のり・成清さんの有明一番摘み 皿垣漁協産焼海苔』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。