商品情報

商品担当と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

隠れ名品案内 ~今週の名品は、生しいたけ(原木栽培)~

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

<今週の名品はこれ!>
激しく地味でも滋味深い。
もしかしてお肉? いえいえ、森育ちです

生しいたけ(原木栽培)の網焼き
網焼きにして傘の内側にしみてくる肉汁(肉ではないですが)と醤油でうまみごと食べるのが好きです。シンンプルですがこれが一番。日本酒がすすみますよ

ツチオーネ編集部(以下、「ツ編」):
おやおや、秘密の真打ち登場ですね。知らないとモグリだなんていわれますよね……原木しいたけ!

大熊:
はい。満を持して普及活動に参りました。大地を守る会に入社して、僕が最初においしいと思ったのがこのしいたけなんです。肉厚なものはまさに〝森のアワビ〟ですよ。

ツ編:
え。そんなにですか? こういったら申し訳ないけれど、しいたけってだいぶ地味だし、カロリーも低くて、存在感が薄い……。

大熊:
そういう人にぜひ知ってほしいんです。大地を守る会の野菜って、初めて食べると、濃いなって思いますよね。それがしいたけの場合(しいたけは野菜じゃないですが)、さらに上を行っているんです。当たり前だけど、味がしっかりある。
濃さの格が違います。

ツ編:
原木栽培なんですよね。

大熊:
ええ。原木の場合、栽培に2年近くもかかるんですよ。

ツ編:
そんなに長いんですか。重量のあるホダ木に種菌を埋め込んで森に戻してと、かなりの重労働だと聞きましたが。

大熊:
そうですね。でも、しいたけ作りにはロマンがあるっていいますよ。
静かな森のなかで自然のエネルギーを吸収している姿は、実際かなり神秘的です。じっくり育つから軸までおいしいんです。

ツ編:
いい季節ですし、バーベキューで網焼きなんていいですね。

大熊:
ですよね。
うちのバーベキューでは、いつも肉以上の特別扱いなんです。肉みたいに肉汁(しいたけ汁?)があふれますからね。

ツ編:
お肉から主役を奪ってしまう存在感ですね。地味だなんていってごめんなさい。
しいたけのイメージ、180度転換しました。

大熊:
良かった。食べたことがない方にぜひ伝えてくださいね。

商品担当 大熊俊之
商品担当:大熊 俊之

大地を守る会の『生しいたけ(原木栽培)』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。