商品情報

畑の作り手通信「福島県玉川村 福島わかば会 高林邦男さん」より

畑の作り手通信:5月から6月はトマトの味わい時!

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】
大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト』イメージ写真
会員さんの声/大地を守る会のトマトは味が濃く、おいしいです。炒め物やスープによく使いますが、皮ごと丸ごと使っています。(kokoさん)

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

福島わかば会の高林邦男です。

トマト生産者・福島県玉川村福島わかば会の高林邦男さんと廣子さん
妻の廣子(右)と一緒に2人で畑に来るのが日課です。

5月から6月はトマトの味わい時!トマトは下から上にと縦に結実していく作物。

実り始めのトマト畑
実りはじめのトマトの茎(「き」と呼んでいます)は、まだまだ背が低め。一段、二段と結実していき高さを増していきます。

実り始めの下段は水分が少ない分、甘みが濃厚になります。さらに今は暑さが本格化する前で、水やりを抑えた栽培ができるから甘みがより深くなり、酸味とのバランスも良し。
生のままも良いですが火を通すとおいしさが一段と増します。

トマトのスープ
スープやパスタソースを生のトマトで試してみてくださいね。

口の中ではじける甘さ。
実り始めの今が狙いめ!
『水切り栽培のうま夏トマト』

大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト』

大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト』はこちら

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】


こちらもおすすめの旬やさい

サクッと軽快な食感
『北海道・十勝のサクッと長いも』

除草剤を使用せず、北海道の十勝平野の自然の恵みのなか、筒渕秀美さんが育てた長いも。
短冊切りにしたときのサクサクッとした食感とみずみずしさが特徴。
青じその千切りと梅肉をのせてどうそ。

除草剤を使用せず、北海道の十勝平野の自然の恵みのなかで育てた長いもです。短冊切りにしたときのサクサクッとした食感とみずみずしさが特徴。青じその千切りと梅肉をのせてどうそ。

大地を守る会の『北海道・十勝のサクッと長いも』

大地を守る会の『北海道・十勝のサクッと長いも』はこちら


きゅうりの季節が始まります
『おしろいきゅうり』

福島県郡山市 福島わかば会 鈴木正幸さん(右) 栄子さん(左)
福島県郡山市 福島わかば会 鈴木正幸さん(右) 栄子さん(左)

きゅうりの出荷が本格的にスタートします。福島わかば会のきゅうりは表面に「ブルーム」と呼ばれる白い粉を吹くのが特徴で、皮はやわらかく、中はジューシー。味の良さが自慢です。中華風炒めなど火を通してもおいしいです。

大地を守る会の『おしろいきゅうり』

大地を守る会の『おしろいきゅうり』はこちら


果汁たっぷり初夏の果物
『河内晩柑』

熊本県熊本市 ブレス 東 勝徳さん
熊本県熊本市 ブレス 東 勝徳さん

発祥の地は私の園地もある熊本県河内町(現・熊本市)。別名・ジューシーオレンジとも呼ばれるほど果汁が豊富です。樹上で熟度を上げてから収穫したおいしさを楽しんでください。

大地を守る会の『河内晩柑』

大地を守る会の『河内晩柑』はこちら


お得なポイント付きセットはこちら

大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト・400g & おしろいきゅうり・300g』

大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト・400g & おしろいきゅうり・300g』はこちら

大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト・400g & 河内晩柑・800g』

大地を守る会の『水切り栽培のうま夏トマト・400g & 河内晩柑・800g』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。