商品情報

なるほど台所帖~大地を守る会の商品や食の知識が深まります~

なるほど台所帖vol.34:牛乳の種類と大地を守る会の牛乳について

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】

牛乳の種類の「パスチャライズ」「ノンホモ」とは何ですか?(神奈川県川崎市 S.Mさん)

上面にできたクリームの膜はコーヒーに入れると美味な、低温殺菌牛乳(ノンホモ)
上面にできたクリームの膜はコーヒーに入れると美味。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】


生乳らしさを大切に殺菌する「パスチャライズ」

「パスチャライズ」「ノンホモ」など、牛乳の商品名には製造工程を示す文言がよく見られますね。大地を守る会で取り扱っている牛乳は現在9種類で、いずれも「パスチャライズ」(低温殺菌)牛乳です。

「パスチャライズ」とは、生乳本来の良さをなるべく保つ殺菌方法。63℃~65℃で30分かけてゆっくり加熱殺菌した牛乳です。常温保存、大量生産が可能な超高温殺菌と比べ、手間はかかり消費期間も短いのですが、より搾りたてに近いおいしさが味わえます。

はじめての方限定!旬野菜でつくる食卓お試しセットはこちら【期間限定50%以上オフ】


さらに自然に近い「ノンホモ」はクリームの膜が

搾っただけの生乳中の脂肪球は、直径0.1~10マイクロメートルとバラつきがあります。生乳の脂肪分を砕き均質化することを「ホモジナイズ」といいますが、この処理を行うかどうかによっても味わいは異なります。

ホモジナイズ処理をしていない牛乳が「ノンホモ」牛乳で、置いておくと脂肪分が上面に浮いてクリームの膜ができ、この部分のうまみが濃いのが特徴。
対して、ホモジナイズ処理をした牛乳は、くせが少なく飲みやすく感じられます。お好みでお選びください。

上面にできたクリームの膜はコーヒーに入れると美味
『特撰 大地を守る会の低温殺菌牛乳(ノンホモ)』

低温殺菌牛乳(ノンホモ)

大地を守る会の『特撰 大地を守る会の低温殺菌牛乳(ノンホモ)』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。