商品情報

商品担当と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

隠れ名品案内 ~今週の名品は、塩引鮭~

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

【秋の収穫祭】初回限定の新鮮野菜お試しセットが1980円!送料無料でお届けします!

<今週の名品はこれ!>
僕が出会った、運命の鮭。ごはんのおともに革命が起きます

塩味もうまみも脂も水分も、「程よく」美味な、ベストバランスの鮭、塩引鮭。
新潟の伝統食、塩引鮭の工程によるていねいな手仕事。塩味もうまみも脂も水分も、「程よく」美味な、ベストバランスの鮭、ここにあり!

ツチオーネ編集部(以下、「ツ編」):
鮭ってしょっぱ過ぎても、薄味過ぎてもイヤ。私は、いまだにお気に入りに出会えなくて……。

上田:
でもひとたび出会ったら、朝昼晩と至福、ですよね。僕は出会ってしまったんです。運命の鮭に。

ツ編:
それがこちらですか。確かに会員の皆さんからも「程よい塩加減!」と、絶賛の声が多いですね。

上田:
初めて食べたとき、のけぞるほどウマイって思って、衝撃だったんです。大げさじゃなくて鮭の概念が完全に覆りました。

ツ編:
そんなにですか。

上田:
ええ、こちらは新潟の伝統食、塩引鮭なのですが、丸ごとの鮭の皮目に手作業でしっかり塩をすり込んでから、冷蔵で1週間ほど熟成させたあと、今度は流水で半日以上塩抜きしているんです。そして仕上げは、数日干す。通常の塩鮭は、塩水に浸けたりして短期間で仕上げているところが多いですが、こちらは全工程で10日間以上もかけています。

ツ編:
そんなに手間ひまかけているところ、今では少ないでしょうね。

上田:
はい、とても貴重なんです。ツ編さんが言うように、鮭って塩加減で味のおおよそが決まりますよね。それがびっくりするほど絶妙なんですよ。手で塩をすり込むと当然のことながら、外側の塩気が立つ。塩抜きするときは外側から塩が抜ける。よって、均一に味が行き渡るんです。

ツ編:
うわぁ、おいしそうです。

上田:
加えて、本来の塩引鮭は産卵のために川に上がってきた鮭を使うのですが、こちらは北海道の沖で漁獲した鮭を使っています。身が締まって栄養を蓄えたところを、さらに熟成させているから、どこを食べてもしっとりとして塩味もうまみもちょうど良い! いやぁ、語り尽くせないですが、一度食べてみてください。ごはんのおともに最高ですよ。

商品担当 上田 竜臣
商品担当 上田 竜臣

大地を守る会の『塩引鮭』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。