フードレポート

細川モモの家族を支える食事のヒント vol.1「おやつ」

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

家族の食生活を支える母親に知ってほしい、日々の食事で考えること。今回は「おやつ」について。

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

子どもにおやつは必須!?

おやつというと、「甘い物=子どもには(大人にもですが……)あまり良くないもの」と思いがちです。でも、そもそもおやつは「補食」といって、不足した栄養素を補うためのもの。しかも、子どもの胃袋は小さく、一度にたくさん食べることができないため、1日3食しっかり食べていたとしても、成長に必要な栄養素を補いきれません。

そこで、不足分を補いましょう! という発想で生まれたのがおやつ。正式名称を「補食」といいます。おやつは子どもにとって必要不可欠なものなのです。とはいえ、補食にならないおやつは論外!

ここでは、甘い物を与えすぎると身体にどのような影響が出るのか、そして補食になるおやつとはどんなものなのかをご紹介していきます。

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

子どもの「急性糖尿病」が心配

最近懸念されているのが、子どもの「急性糖尿病」です。「子どもが糖尿病!? まさか!」と思われるお母さんも多いと思いますが、「おやつ=甘い物」と思っているお母さんが多い現代ではそれが現実。

確かに甘い物を与えると、グズグズ言っていた子どもがご機嫌になるなどラクなことが多いのですが、血糖値が乱れるたびに甘いものがないとグズグズ言う子どもになってしまいますし、糖尿病などの生活習慣病のリスクも上がってしまうのです。お菓子はもちろんのこと、特に清涼飲料水には注意が必要。私たち成人が1日に摂取して良い糖分の量は50gとされていますが、1.5Lのペットボトル1本に含まれる糖分の量は約150gもあるのです。これを飲むと当然血糖値が上昇し、血糖値が上昇すればそれを下げるためにインスリンホルモンが分泌されますが、と同時に糖の濃度を薄めようと多尿になるため、細胞が脱水状態となり、喉が異常に渇くようになります。ここでまた清涼飲料水を飲んでしまうと悪循環になり、「ペットボトル症候群」を発症してしまうのです。食習慣で自ら病気を招いてしまうのはあまりに悲しいこと。子どもには細心の注意を払い、気をつけてあげましょう

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

fig_gr_snack_01

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

子どもに補いたいのは「カルシウム・鉄・たんぱく質」

育ち盛りの子どもの成長に欠かせない3大栄養素に、「カルシウム・鉄・たんぱく質」があります。これを3度の食事で摂ることはもちろんですが、それでも不足しがち。そのため、おやつで取り入れる必要があります。

カルシウムと鉄が多く含まれるのは、ココアや茎わかめなどの海藻類。また、最近ではヨーグルトなどに鉄分をプラスした商品があるので、「Fe+」などの表示があるものを与えると良いでしょう。たんぱく質は、小魚やナッツ類、ヨーグルトなどがおやつに適していると思います。

たんぱく質やカルシウムは骨の成長にとっても欠かすことができません。近年、子どもたちの骨の健康が危ぶまれています。ペットボトル症候群のように、甘いものをたくさん摂りすぎると糖だけでなく、カルシウムも尿からの排出量が増えてしまいます。おやつは栄養補給タイム! と考え、より成長にとって望ましいものを与えましょう。

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

おやつで食物繊維をチャージして便秘を予防!

もうひとつ、子どもの食生活で考えたいのが便秘対策。糖質の吸収を穏やかにし、肥満予防効果も望める「食物繊維」をおやつでチャージしましょう。子どもの便秘率が近年40%を超えている(※)中、食物繊維やオリゴ糖が摂れるおやつはおすすめです。

例えば、豆乳にココアを溶かして飲む、ヨーグルトにプルーンを入れて食べるなどの組み合わせを工夫するだけで、子どもの身体にうれしいおやつとなります。もちろん、小魚×アーモンドや小魚チップス、野菜スティックなどもおすすめ。毎日のことなので、子どもが喜ぶレパートリーをつくっておくと良いでしょう。

※「子どもの排便状況と食物繊維の摂取」に関する実態調査

 

254

細川モモ

予防医療コンサルタント/社団法人Luvtelli 東京&NewYork代表理事/2011~2015ミス・ユニバース・ジャパンビューティキャンプ講師/農林水産省「地域食文化活性マニュアル推進・検討会」委員/『タニタとつくる美人の習慣』(講談社)発売中

 

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。