フードレポート

寒い日にはやっぱりおでん!

鍋の中から日本が見えてくる?

151109_f1_01

 

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

始まりは田楽!? 今ではご当地色が濃くなりました。

風が冷たくなって、おでんが恋しい季節となりました。一つの鍋で簡単に作れるおでんは、冬の定番メニュー。今はコンビニでもできたておでんが買える時代です。

その由来は、豆腐や野菜を串に刺して塩やみそをつけて焼く「田楽」(でんがく)という説があります。この田楽に、室町時代に宮廷言葉の「お」をつけて「おでん」と言われるようになったとか。


そんな長い歴史があるおでんは、各地で発展し、地方色が濃く出るようになりました。たとえば、静岡では牛すじでだしを取った濃いめのつゆに黒はんぺん、トッピングに「だし粉」を振ります。名古屋では、八丁味噌がベースの甘めの「味噌おでん」。青森では生姜味噌、姫路では生姜醤油をかけて食べます。ちなみに関東では、昆布とかつおのだしに醤油を加えた味付け。「ちくわぶ」は他の地域では見かけない、関東独特の具材です。

151109_f1_02

 

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

味の決め手、具材の練り物もさまざまです。

ところで、おでんに欠かせない練り物の、おもな原料は魚のすり身。一般的には安価な外国産のすり身を使い、リン酸塩などの添加物で弾力を出すことが多くあります。


一方、鮮度の良い魚を丹念に練り上げることで、食品添加物を使わず、ぷりっとした弾力を出すことができます。大地宅配の練り物に使うすり身は、日本の漁船が捕獲した魚を使い、保存性と結着力を高めるための糖類(ピートグラニュー糖やてんさい糖など)だけを加えたシンプルなもの。これを非遺伝子組み換えのなたねから抽出した一番搾り油で揚げています。
大地宅配の練り物で、この冬は「安全でおいしい」わが家のおでんを作りませんか?

大地宅配の『練りもの』のご注文はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。