フードレポート

アメリカで規制される「トランス脂肪酸」ってなんだろう?

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

トースト

6月16日、アメリカの食品医薬品局(FDA)が、マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」の食品への使用を、2018年以降原則禁止すると発表しました。大地宅配では、2007年よりトランス脂肪酸の低減に取り組み、マーガリンなどをリニューアル、加工品の原料も順次、低トランス脂肪酸植物油脂に変更しています。

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は、牛肉や羊肉、乳製品など天然に微量に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものの2種類あります。
前者は、自然界にもともと存在するものですが、後者は、具体的にいうと、植物油を常温で固まるように処理した「部分水素添加油」の使用によりトランス脂肪酸が発生します。今回、問題視されているのは後者の方です。

一般的にはマーガリンやショートニングといった加工油脂や、これらを原料として製造されるパンやクッキーに多く含まれています。欧米などの諸外国に比べて摂取量の少ない日本では、現在トランス脂肪酸の表示義務や上限値の設定はありませんが、トランス脂肪酸の総量を自主的に低減するよう事業者に求めています。

 

サンドイッチ

写真はイメージ。一般で売られているサンドイッチやパンの多くは、原料としてマーガリンを使用。しかし、表示義務がないため、そのマーガリンがトランス脂肪酸が低減されたものかどうかは判断できません。

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

トランス脂肪酸食べることによる、健康への影響は?

食品からトランス脂肪酸を含む油脂(マーガリンなど)を過剰に摂ると、悪玉コレステロールを増加させ肥満の原因となったり、心臓疾患や冠動脈性心疾患や生活習慣病のリスクを高めることになります。

国民健康・栄養調査によると、日本人の男性の約2割、女性の約3割が脂質(脂肪)をとりすぎている現状にあります。

※農林水産省ホームページ:トランス脂肪酸に関する情報参照

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

大地宅配のマーガリンは大丈夫?

トランス脂肪酸の健康への悪影響を問題視した大地宅配では、2007年4月に「大地を守る会のマーガリン」をリニューアルしました。
非遺伝子組み換えのなたね油、低トランス脂肪酸のパーム油を使用し、トランス脂肪酸を1.18%程度(第三者機関による実測値)(※2)に抑えました。
また、パンやクッキーなどの原料として使用される油脂に関しても、出来るだけ低トランス脂肪酸植物油脂に変更しています。
※2 一般的なマーガリンは約0.94~13%(農林水産省ホームページ)

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

トランス脂肪酸を抑えたマーガリン

函南東部農協(静岡県函南町)の牛乳を原料とした全脂粉乳でミルク風味を出し、塩には「海の精」を使い、深みのある味に仕上げています。一般ではバターに似せるために黄色く着色していますが、本品は無着色なので白いマーガリンです。トランス脂肪酸の含有量を1.18%程度(実測値)に抑えています。

『大地を守る会のマーガリン』のご購入はこちら

 

大地を守る会は、日本の第一次産業を守り育て、人々の生命と健康を守り、持続可能な社会を創造するソーシャルビジネス(社会的企業)として、今後も、時代とともに変わる食の情報をいち早くキャッチし、環境に配慮した安心できる食品を皆さまにお届けいたします。

 

こんな記事もおすすめ↓

加工食品のラベルでわかること、わからないこと 「原材料表示の裏のウラ」

 

 

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。