フードレポート

生きている植物性乳酸菌が腸内環境を整える

腸活革命!? 「豆乳発酵マルチクリーム」

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】
豆乳発酵マルチクリーム

豆乳発酵マルチクリーム

 

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

食べることで植物性乳酸菌がとれる、新感覚の調味料

新感覚の調味料「豆乳発酵マルチクリーム」の登場です。目に見えない菌の可能性に注目して15年にわたり独自に研究を重ねてきた「ウエダ家(COBO株式会社 代表植田夏雄 神奈川県横浜市)」と、顔の見える原材料・無添加にこだわるメーカー「フルーツバスケット(静岡県函南町 代表・戎谷徹也)」が共同で開発した本品。消化吸収に優れた大豆たんぱく質を補給でき、生きている「自然発酵乳酸菌」が腸を整えます。

豆乳発酵マルチクリーム

大豆たんぱく質を補給し、生きている植物性乳酸菌が腸に届きます。

 

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

 

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

食べ方のバリエーションはさまざま

食べ方は、その名の通り多機能。卓上の調味料に、体のことを考えて、まさにマルチな活躍が期待できます。 入門編としては、野菜のディップがおすすめ。クリームとともに食べることで、野菜がたくさん召し上がっていただけます。「植物性なのにこくのある味わいで、野菜嫌いの子どもが野菜を食べるようになった」との声もいただきました。


バターやジャムの代わりに、パンに塗るのもおすすめです。おいしく食べるこつは、たっぷりのせること。生きている植物性乳酸菌と酵母が腸内まで届き、パンの消化を助けてくれます。スープに入れればこくが増し、野菜に塗ってグリルすれば野菜が甘くなります。お好みのハーブやスパイスを混ぜて、オリジナルの味を楽しむのもよいでしょう。ぜひご自分のスタイルに合った新たな食べ方を探してみてください。 「豆乳発酵マルチクリーム」を使ったレシピを投稿いただく企画も検討中です。新スタイルの食べ方を、一緒に作ってきましょう。

豆乳発酵マルチクリーム

ハーブやスパイスを加えればオリジナルクリームに

 

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

現代風にアレンジした発酵食のスタイル

 味噌や醤油、漬物など、豊かな発酵食品を連綿とつないできた日本の食文化。特に冬の寒い時期に寒仕込みをすることによって、たくましい菌を育てる味噌はその代表例です。この「豆乳発酵マルチクリーム」で生きる菌を食卓に上げることは、日本人が絶えることなく育ててきた食の知恵を、現代風にアレンジし、新しく生み出す食のスタイルです。

腸内を活性化させる新しい概念の調味料、生きた植物性乳酸菌入りの「豆乳発酵マルチクリーム」を、食卓にぜひ取り入れてみてください。

 

ご購入はこちら

動画による説明はこちら

【cookpad】簡単おいしいみんなのレシピはこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。