大地を守る会 企業情報[ソーシャルビジネス(社会的企業)]

魚<あんしんの約束>

大地を守る会のこだわり

国内の水産業を応援

大地を守る会では、日本の近海(沿岸・沖合い)で獲れた水産物を率先して取り扱っています。また地場産業である国内水産業や地域漁業を支援し、近海の環境改善を促します。またフードマイレージの観点でも、なるべく地場・近場産の水産物を消費できるよう推奨しています。また、海外からの水産物輸入・養殖などをせざるをえない場合は、日本国内の同業者を圧迫しないこと、現地における環境配慮がきちんとなされていることを条件に取り扱います。

水産資源の持続性に配慮

品種により、遠洋漁業の水産物を取り扱う場合も、安全性や漁獲方法などを詳細に確かめたうえで、国際的な水産資源管理の方針に従って収穫した水産物だけを取り扱います。国際的なルールを無視した乱獲漁業によって水揚げされたものは取り扱いません。

退色防止剤・鮮度保持材は無添加

鮮度がいのちの水産物は、流通事情などの問題もあり、一般的に退色や酸化防止のための添加物がくわえられる場合があります。大地を守る会の水産物は、漁獲・水揚げ後にこうした薬剤処理をしていない海産物を取り扱います。

安全と環境に配慮した養殖を

安定的な水産資源の確保と、自給率向上のために、安全性や環境に配慮した持続可能性の高い養殖を奨励しています。飼料は抗菌性物質を無添加。養殖の場合は魚卵や仔稚魚の仕入れから出荷までの全生産工程の履歴をたどれるよう、トレーサビリティを明確にしておきます。

環境保全型・沿岸漁業支援の水産物をあつかっています

国産であること、持続的であること

四方を海に囲まれた日本では、水産物は貴重なたんぱく源であり、伝統的な魚食文化の根幹です。一方、農産物や畜産物とちがって、水産物は海を泳ぎまわっているところを、ほぼそのまま捕獲してくるようなもの。人為的な努力で安全性や生育歴を管理するよりも、海産物の生育環境を整備・保全することで、良質の天然資源として適切に調達できるようサステナブルな漁業支援も重要です。

今後は、水産資源保護の視点で取り組みを行っているMSC(水産物認証制度)の認証を取得した水産物の取り扱いにもチカラを入れていきます。

お魚をはじめとする魚貝類、水産加工品などの水産物を取り扱う際に厳守している基準

関連商品

  • 水産