商品情報

農家ごはん~畑のそばの食卓スナップ~

大西さん夫婦の食べ放題おやつ

【送料無料】旬を食卓に。おまかせ野菜のお試しセット半額以下!
大西さんの手づくりおやつ

「動物性を使わずにどこまでできるか」と挑戦する登志子さん手製のおやつ。マフィンには一幸さんが「かあちゃんにいいもの食べさせたい、そこが原点」と手塩にかけた野菜入り。おやつの甘みはてんさい糖や米飴、メープルシロップでやさしく

【送料無料】旬を食卓に。おまかせ野菜のお試しセット半額以下!


真剣勝負の畑仕事の後はかあちゃんが作る最高のおやつ。遊びの心で生きる夫婦ふたりのスイーツブッフェ

かあちゃんが作ったもんは飽きない。何ぼでも食べられるし、何でもうまいよ。買うよりは作れるものは作ろうって、図書館で借りた本で研究して卵も牛乳も使わずにやってるよ。裏山で拾ったくるみの実を入れたりしてね。

わしにとって、畑は道場。毎日3時に起きて収穫に出て、生きるか死ぬかの精神で野菜と真剣勝負で格闘してるから帰ってからのおやつは最高。紅茶に入れた花もしゃれてるでしょ。わしら、遊びの心があるからね。

今回のおやつの中身
●野菜のマフィン3種(ズッキーニ、かぼちゃ、人参)
●豆腐とかぼちゃのチーズケーキ風
●豆乳ブルーベリーアイス
●全粒粉の常備クッキー(コーヒー、くるみ、オートミール)
●ズッキーニの塩麹漬け
●ピクルス
●自家製ハーブ入りの紅茶

長野県富士見町の大西一幸さん・登志子さん

長野県富士見町の大西一幸さん・登志子さん

大地を守る会発足以来のお付き合い、長野県富士見町の大西一幸さん・登志子さん。空手の有段者で道場主宰経験もある一幸さんは65歳にして、マルチシート(雑草が生えるのを抑制する目的で畑を覆う農業資材)も手で張る「体が資本」の農業スタイル。「畑では毎年一年生」と木酢液や竹酢、酵素、キトサンを用いるなど常に新たな実験を重ねている。

 

ズッキーニをすぱっと切り落とす大西一幸さん

カマをぬんちゃくのように振り、狩猟さながらの目つきでズッキーニをすぱっと切り落とす大西一幸さん

大西一幸さんは「わしは武道家」「侍でありたい」と礼節を重んじ、畑に入る前に野菜への挨拶を欠かさないそう

豆腐とかぼちゃのチーズケーキ風 に豆乳ブルーベリーアイスを添えて

ケーキに添えた生クリームも、豆腐と米飴を使った植物性

 

大西さんより
「元気な野菜を作るには自分が元気じゃなきゃね。明け方から収穫を始めるレタスは力がみなぎってる。外葉がしっかりと厚く、パリッと力強い歯ごたえだよ。」

レタス

大地を守る会の『レタス』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。