商品情報

商品担当と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

気になる名品 ~スタッフトーク編~

【送料無料】元気な野菜を宅配で。旬の野菜お試しセット56%OFF!

【送料無料】元気な野菜を宅配で。旬の野菜お試しセット56%OFF!

今週の名品はこれ!
冷蔵庫にあるもので“なんでも春巻き”。皮がおいしいからこそできるワザ

春巻の皮(里の春) イメージ写真
ウインナーと青じそやパクチーを巻いてスティック状に。春巻の皮のうまみが巻く素材の味わいを引き立てます。

編集室(以下「編」):黒川さんのご推薦は春巻の皮ですね。こんなこと言ってすみませんが、一見ごく普通に見えます……。

黒川:そうですよね。春巻の皮なんてどれも同じと思っている方、多いと思うのですが、こちらは生産者の三立食品さんが食品添加物不使用で作っているんです。しかも使っているのは国産小麦。数種をブレンドしているんですよ。

編:春巻の皮まで国産小麦とは、うれしいですね。

黒川:ですよね。私は春巻をよく作るのですが、巻く前の“はがす”作業がなかなか大変で。

編:わかります。慎重にはがして破れるとがっかり。へこみます……。

黒川:そんなところにも工夫があります。香港の会社と技術提携し、伸びが良く破れにくい生地になっているんです。はがしやすい上にコシがあって、味も良いんですよ。

編:確かに甘みがありますね。かむほどにうまみが感じられるというか。

黒川:以前アスパラを春巻の皮で巻いて出したら、子どもが気に入っちゃって。「パリパリ食べたい」って毎日のように言っています(笑)。アスパラは苦手だったんですが。

編:好き嫌いを超えて一気にやみつきの領域に。かわいいですね。春巻って、あんを作って冷まして手間がかかるって思っていましたが、もっと気楽でいいんですね。

黒川:なんでも巻いていいんですよ。ヒジキとチーズと青じそ、枝豆とかはんぺんとかも。密かに冷蔵庫のお片付け係って呼んでいます。

編:なるほど。春巻を作るために皮を買うのではなくて、春巻の皮を常備して、家にあるものを巻く。おいしく楽しく消費できますね。

黒川:そうそう! 巻くだけで家族も喜んでくれますよ。

編:薄めに巻けば、フライパンで焼けますもんね。早速買ってみます。

商品担当 黒川 麻紀
商品担当 黒川 麻紀
春巻の皮(里の春)

大地を守る会の『春巻の皮(里の春)』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。