商品情報

新米のおいしさを定期的にお届けできる「米蔵熟成米」とは?

「米蔵熟成米」って、もみ貯蔵でじっくり熟成してるから新米よりもおいしいの!?

【送料無料】からだの基本は食べることから。野菜ごはんお試しセット55%OFF!
「米蔵熟成米」で新米のおいしさを定期的に召し上がれます!

「米蔵熟成米」で新米のおいしさを定期的に召し上がれます!

【送料無料】からだの基本は食べることから。野菜ごはんお試しセット55%OFF!

 

【送料無料】からだの基本は食べることから。野菜ごはんお試しセット55%OFF!

「備蓄米」から名前を変えて「米蔵熟成米」に!
新米のおいしさを定期的にお届け

大地宅配で24年前から始まった定期お届け米「備蓄米」。

このたび、『米蔵熟成 稲田稲作研究会のコシヒカリ』と名前を改めることになりました。今年の秋に収穫されるお米を、米蔵熟成させ、6回と12回に分けてお届けします。

おいしさは格別! ぜひ、ご予約ください。

 

天日干しでじっくり低温乾燥するからおいしい
かつて日本中で見られた田んぼでの天日干し。米のおいしさと品質の安定性を確保するため、稲田稲作研究会では太陽熱を利用し、じっくり時間をかけて低温乾燥させています。

適度な水分量が残るためもっちり、ふっくらと炊き上がります。

じっくり時間をかけて低温乾燥させます

じっくり時間をかけて低温乾燥させます

 
もみ貯蔵でじっくり熟成。新米よりもおいしい!?
「新米を、よりおいしく」をテーマに、“もみ殻付きのまま”温度・湿度を管理できるタンクで貯蔵。現代に蘇った“米蔵”により、酸化・劣化を防ぎ、そのお米は熟成され、新米時季を超えてからもおいしい熟成米となります。

“もみ殻付きのまま”温度・湿度を管理できるタンクで貯蔵。

“もみ殻付きのまま”温度・湿度を管理できるタンクで貯蔵。

 

 
伊藤さんからメッセージ

「今年も元気に、うまいお米を作ります!」

「最高においしいお米を届けたい」と、稲田稲作研究会のお米の中でも、食味計により4段階のランクを付け、最高ランクのお米だけをお届けします。今年も丹精を込めて稲作に取り組みます。

稲田稲作研究会(福島県須賀川市)。代表の伊藤俊彦さんと息子の大輔さん


家族も「うちのごはんが一番おいしい」と言ってくれます。特に新米シーズンが終わり、春から夏にかけてのおいしさは格別ですね。(K.Sさん)

「稲田のお米はおいしいなぁ、ごはんでごはんが食べられる」といつも思います。香り、つや、甘み、かみしめていると“奥にもっと味のする”ようなお米です。(K.Mさん)

 

【送料無料】からだの基本は食べることから。野菜ごはんお試しセット55%OFF!

11月から定期でお届け

『米蔵熟成 稲田稲作研究会のコシヒカリ』

『米蔵熟成 稲田稲作研究会のコシヒカリ』

大地宅配の『米蔵熟成 稲田稲作研究会のコシヒカリはこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。