商品情報

なるほど台所帖~大地を守る会の商品や食の知識が深まります~

なるほど台所帖vol.45:夏野菜の保存方法をご紹介します

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

夏野菜がおいしい季節がやってきました。 ついつい買い込んでしまい、保存に困ることもあるのでは? 今回は夏野菜の保存方法をご紹介します。

夏野菜の定番、トマト
これぞ夏野菜の定番。届いたら冷蔵庫へ

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

ポイントは野菜の呼吸を抑えて劣化を防ぐこと

保存のこつは、野菜の呼吸を抑えて劣化を防ぐこと。乾燥させないようにラップで包むか、鮮度保持袋「P-プラス」の中に入れて冷蔵庫で保存してください。冷凍で保存する場合は、風味が落ちないうちに1カ月くらいで使いきりましょう。食感を保つために凍ったまま調理することをおすすめします。夏野菜の代表、きゅうりの場合は、乾燥しないように保存袋などに入れて冷蔵庫へ。長く冷やしすぎると品質が落ちるので注意が必要です。

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

冷蔵? 常温? それぞれの保存方法

トマトは完熟したものは冷蔵庫に入れてすぐに食べてください。赤く ないものは赤くなってから冷蔵庫へ。なすとピーマンは「P-プラス」 に入れて野菜室へ。枝豆やいんげんなどの豆類は呼吸が激しく劣 化の速度も速いです。かぼちゃは丸のままであれば冷暗所で保存 を。カットしたら種をとって冷蔵庫へ。カットしたかぼちゃは早めに食 べ切ってください。丸ごと蒸して小分けにして冷凍すると便利です。 とうもろこしは鮮度が命なので、できるだけ早く食べましょう。

トマト

大地を守る会の『トマト』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。